忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都 嵐山の「大悲閣 千光寺」です☆


浅草寺の聯(れん)には
荘厳な飾りで表す観音様と、自然の中に見る観音様
二つの表し方を示していました。

今日は自然の中の観音様を求めて嵐山まで来ました。
私が訪ねる大悲閣は嵐山の奥にあります。

33537379.jpg
嵐山といえば渡月橋ですね。
亀山上皇が曇りない夜空に月がさがなら橋を渡るようなさまをみて
「くまなき月の渡るに似る」と感想をもらしたことから「渡月橋」と
呼ばれるようになりました。

31b1d3da.jpg
この橋はどこからみても絵になりますね!
嵐山のアクセントになっていますよね~

91dd7152.jpg
嵐山は新緑紅葉雪景色・・・と一年中楽しむ事が
出来るため舟遊びが盛んな場所です。

f6cbeedf.jpg
大悲閣までの道なりにゆったりと流れていく舟を見て、
のどかな気持ちになります。

cf655234.jpg
渡月橋の南岸を歩いてみると夏でも涼しくなれます。

e6973513.jpg
しばらく歩いて小高い丘に差し掛かると大堰川が
エメラルドグリーンに輝いて見えました
空気も澄んでいます。

ed560943.jpg
川に沿って約30分進むと大悲閣 千光寺への参道の
目印があります。
芭蕉もこの道を通って大悲閣を訪れたそうです。
そのことをつぎのように詠んでいます。
花の町 二町のぼれば 大悲閣

28edc8cf.jpg
門柱に到着です~
この寺はすごく高い絶壁に建っていて、綺麗な絶景が見えます。
了以翁という人は、溢れる川を治した中国の有名な帝王 禹という人に似ている・・・という内容が書かれています。

86b12849.jpg
石畳の階段をひたすらのぼります。

d5b3bbdc.jpg
なかなかいい景色が見えて来ましたね~

6ae5e137.jpg
六月や 峰に雲おく あらし山
これは芭蕉が晩年「落柿舎」で詠んだ句です。
炎天の六月、新緑がうっそうたる嵐山の山頂に、
雄大な入道雲がどっかりと居座って動かず、
万象寂として静まり返っている・・・という意味です。

b3382e27.jpg
五色ののぼりがいい感じにたなびいていますね♪

851f8208.jpg
途中にも観音様です

b6233446.jpg
やっとの思いでのぼってきました。
大悲閣の山門まであと少し!

26dbb6e5.jpg
山門をくぐるとそこには・・・


1198a4f7.jpg

大堰川が見えます

88de4793.jpg
まだまだ上があります↑↑

914afea8.jpg
昔の本堂です。

今は仮の本堂にご本尊がみえます。
形あるものは、いつかは無くなりますが、
自然の美しさが十分にそれを補っていますね!

朽ちていくものにも味わいがありますよね、
これが詫び寂びの世界なのでしょうか。

f155c92a.jpg
ご本尊の観音様です
両脇には不動明王と毘沙門天です。

b876783c.jpg
本堂の横には御堂があります。

外観はだいぶ傷んでいますが、中は角倉了以(すみのくらりょうい)の像が祀られ整理された空間に、直筆の教えや案内文が置いてあり、眺望を楽しむ望遠鏡もありました。
(行楽地だと100円玉がいりますよね)
和尚さんの人柄がうかがえます
立派な伽藍でも閉ざされたお寺より、訪れた人を迎えてくれるお寺がいいですよね!

31b45ff5.jpg
このお寺を建てた角倉了以の像です。
岩だらけの大堰川を開削して船が通れるようにし、
丹波・山城間の物流に大いに貢献しました。
今、保津川を観光船が下っているのも、了以の
開削のおかげだそうです。

b89e61df.jpg
お堂の全景です。
断崖にせり出すように建っています。

d4a9b663.jpg
大きな窓があり、緑が眩しいですね

bcdce981.jpg
目の前には広大な自然が広がっています
比叡山から京都市内まで一望できます

6b055b84.jpg
この鐘の音が嵐山の山々にこだまします。

1f886d6b.jpg
ここで座禅をしたら自然と一体になれそうですね!

84ea96c3.jpg
この色紙に目が留まりました。

普段生活している環境とは違い、
の中で心の疲れがとれた
ような気がしました。
この場所からみた眺望のすばらしさ、自然に触れる清々しさが
そのまま私の観音様体験でした

拍手

PR
≪  21  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  ≫
HOME
Comment
京都たび
Reinaさんへ
コメントありがとうございます☆
何度行ってもまた行きたい!て思うお寺ありますよね~!!
でもまだまだいい寺はたくさんあるハズですから☆
何百年も前に芭蕉が訪れたんだ~なんて思いながら京都を巡るのも楽しいかもしれませんね!
chie 2007/11/02(Fri)14:13:53 編集
☆◎京都◎☆
chieさん☆こんばんは
京都は年に何回か行きますが、いつもどこに行こうか迷って
結局、毎回同じトコになってしまいます。
でもchieさんのブログを見て行きたい所がたくさんでてきました。
次回、京都に行くときは芭蕉の旅をして色々と勉強をしたいと思います。
Reina 2007/11/01(Thu)23:22:13 編集
無題
すばらしいの一言ですね!
昔の人達の感性は、自然となんだか共存しているような気がします。
なんだか今、世の中で騒がれているような
話題の気がして、なんだか考えさせられますね。
いつまでも、このまま変わらないでいてほしいです!
龍之介 2007/10/31(Wed)20:18:53 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  21  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]