忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
全国羅漢寺の総本山・羅漢寺です。


BS朝日・五木寛之の百寺巡礼で最後に訪れた
お寺です

羅漢寺の歴史は古く、大化元年(645年)インドの僧・
法道仙人が、お釈迦様が活動した王舎城・著闍崛山
(ぎしゃくっせん)に似ていることから、この洞窟で
修行したのが始まりです。



DSC_0756.JPG

法道仙人は、中国、朝鮮を経由して九州に渡って
きました
仏教の聖地に似ているこの地で、地ならしをしてから
近畿に向かったのでしょう。
瀬戸内海を渡り、播磨国(兵庫県)に多くの寺院を
創建したそうです。

日本にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル
はじめ、日本に伝わる宗教は、先ず九州に上陸
してから都のある近畿へ向かいました

大陸に教えを求めに行く学僧も九州を経由しています。
九州は宗教伝来のポイントとなる地だったのですね!



c919ded9.JPG

大阪・四天王寺の西門です。
ここが渡来した文化や宗教は、瀬戸内海の海路を通って
大阪で上陸し朝廷の元へと向かいました
古来より瀬戸内海は、重要な航路だったのですね


e857aa88.jpeg

瀬戸内海の東の端が大阪で、西の端が大分です。
大分の領主・大友宗麟も瀬戸内海から京都に出向き、
大徳寺禅宗に帰依しました。
そして、要所である九州で南蛮文化に触れ宣教師と
出会うことによりキリシタンに改宗しました
熱心な信者になったが故に領内の神社仏閣を邪宗
として焼き払い、宮崎にキリシタン王国を創ろうと
しました
大友宗麟の行動は、当時の歴史文化そのものを
映し出していますね。



DSC_0763.JPG

羅漢寺も大友宗麟の兵の焼き討ちにあいました。
その時、境内で石造の龍の眼から光が発せられ
その威力に力を失った将兵は退散してしまい、
難を逃れたそうです。

ここは争い事とは無縁で、静かに修行する場所だと
察して速やかに退散したのかもしれませんね。

武力があれば、何でもなせると考えるのが当時の常識
だったのでしょう。
このような出来事は驚くべき出来事だったのかもしれません。
仮に力で征服しても仏教を求める人の心までは征服
できなかったのでしょう。

現代でも次元は違いますが様々な力関係があり、大小
たくさんの権力闘争があります
儚き権力闘争という力で人を抑えるのではなく、対話に
よる信頼関係で人間関係を作っていきたいものですね!




DSC_0793.jpg

当初は、法道仙人の残した金銅佛を中心にした
山岳仏教の霊地でした。
天台宗・修験道の時代が過ぎて、臨済宗円龕照覚
禅師が五百羅漢、十六羅漢の石像を安置して
羅漢寺となりました。
そして、江戸時代には曹洞宗に鞍替えして
現在に至っています。




DSC_0796.jpg

羅漢さんは正式には阿羅漢といいます。
阿羅漢は仏教で尊敬する聖者のことで、お釈迦様
の弟子の修行する理想的な姿だそうです。

色々な姿の阿羅漢さんがいました。
きっとみなさん悟りを開いているのでしょうが、
まだまだ修行が足りないのか唸っている阿羅漢
さんもいました。

現実の人間社会と同じなのかもしれませんね。
色々な失敗やつまづきがあって、それらを
人間としての在り方(道)を学んでいく。

私たちも現実の生活のなかでそのような向上
目指す生き方をしたいものですね




DSC_0782.JPG

五百羅漢がみえる無漏窟の中央にはお釈迦様
祀られています
羅漢寺の山号になっている著闍崛山(ぎしゃくっせん)は、
お釈迦様が多くの弟子に『無量寿経』『観無量寿経』
『法華経』『般若経』を説かれた場所で霊鷲山(りょうじゅせん)
の音写です。
お釈迦様は八年間も霊鷲山で仏法を説かれ、その間に
一万二千もの仏弟子や信者がいたそうです。
ここに多くの石仏や阿羅漢さんが祀られているのは、
霊鷲山の仏弟子を表しているからなのでしょう。



d68f961e.JPG

そして、阿羅漢の他にお釈迦様の脇侍菩薩である
普賢菩薩文殊菩薩四天王八大竜王梵天
みえました。
これらの諸仏は阿羅漢のサポートが役目なのでしょう。



456fc542.JPG

獅子にのった文殊菩薩です。
長い年月の間に右手の剣は無くなってしまいました。
左手には箱を持っています

ここは臨済宗中国・天台宗の二人の僧侶が、わずか
1年で700体もの阿羅漢や諸仏を彫ったそうです。

国籍や宗派の違う二人の僧侶が力を出し合ってひとつの
ことを成し遂げたのです
箱にはその支えとなった知恵が入っているような気が
しました♪



2bba15d7.JPG

五百羅漢がみえる無漏窟からひとり離れたところに
阿羅漢がみえます。
お釈迦様の第一高弟・ビンヅル(賓頭盧尊者)です。
「ビンヅルは、あまりに明晰でお釈迦様の考えている
ことが全て分かるために敬遠されて外されている」
と説明書きにありました



DSCN2209.jpg

私たちが知っているビンヅルは、自分の病気の場所と同じところ
をなでると、病気が治る大変ありがたい阿羅漢「おびんづる様
として親しまれていますね



DSC_0776.jpg

五百羅漢がみえる「無漏窟」の扁額とたくさんのしゃもじです。
「漏」は《煩悩》を表します。
「無漏窟」は煩悩が無い境地に至る場所ということです。

一休さんの言葉に
「有漏地(うろち)より無漏地(むろち)へ帰る 一休み 
 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」とあります。

この世は、とかく拘ることが多いけれど、自然に受け入れる
ことができれば何事も問題ない(無漏地)ですね。

世の中のすべての事に対応して、すべての事を解決しようと
思っても無理があります。
特に人生の問題を解決することは、なかなか難しいです。
解決しようとする心を一呼吸おいて、受け入れる心を見出せば
自然に問題は解決する、と一休さんは諭しているのでしょうか。



DSC_0810.jpg

たくさんのしゃもじには参拝者の《》が書いてありました。
ご飯をすくうしゃもじに願い事を書いて救ってもらおうという
意味があります

しかし、この願いが強いと《》に変わることがありますから
「無漏」としゃもじの願掛けは対照的な気がします。
ここにしゃもじを張り付ければ、単純に願いを叶えてくれる
というわけではないかもしれませんね

「その願いは、ここに置いて普段の生活に戻りなさい。
 そうすれば、きっと《》は叶いますよ。」

そんな言葉がお釈迦様から聞こえてきそうです



DSC_0779.JPG

修行の五百羅漢と信仰のしゃもじ!
両方の顔を持つこの羅漢寺を、もう少し探ってみます


 

拍手

PR
≪  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146  145  ≫
HOME
Comment
>フォレ漢さん
対話は大事ですよね!!
対話というか、言葉で気持ちを伝えるのって本当に大事だな~と思います^^

思いを言葉にして伝えなかったために誤解させてしまったり、寂しい思いをさせてしまったりってありますよね><
すべては相手を思いやるということからくるのだと思いますがっ!!
チエ URL 2008/08/24(Sun)11:35:04 編集
無題
対話による信頼関係で人間関係を作っていきたい・・・
女性ならではの平和思想ですね。
男はプライドで生きてる部分があるから、権勢を求めたり誇ったりしたいんでしょうね。
でも、その欲が世の中を向上させてる部分もあります。

やっぱり、欲を世の為にとか人の為にと、いい形で生かすというような事が大事なのかなって私は思いました。
フォレ漢 2008/08/16(Sat)16:31:44 編集
>まめちゃん♪
なかなか一呼吸を忘れてしまうのよねー(*_*)
何でも心に余裕を持つことが大事だねp(^^)q
羅漢寺は自然に囲まれていて素敵なとこだったよ(^0^)/
チエ 2008/08/08(Fri)08:21:40 編集
>向日葵さん♪
ビンヅルさんp(^^)q
外されちゃって、面白いですよね)^o^(
険しい石段に不安になりましたがロープウエイでスイスイでしたよ(^0^)/
チエ 2008/08/08(Fri)08:12:56 編集
無題
解決しようとする心を一呼吸おいて、受け入れる心を見出せば、自然に問題は解決する
↑深いねぇぇ

心に刻んでおきたい言葉だよ。
受け入れる・許す
これが出来ないと人間関係は難しいよね。これが出来ないと幸せを感じる度合いも減るよね?!
九州ってなんだか魅力満載だね!ここで記事を読むようになって今旅行したらまた別の角度から物事見れそうで、なんか幅が広がったよ!
寺だけじゃなく、町並み一つでも、意味を知らなくても背景を想像するって楽しみ方が出来る気がする。。
旅行したいな!!!
まめ 2008/07/30(Wed)22:54:48 編集
無題
五百羅漢、此れだけの羅漢様がそろって居られると壮観ですね
手を上げたり笑っていたりで苦行ではなく、日々の暮らしの中で悟りを得ようとしている様子が解り、とても親しみがもてます

出来の良い「ビンヅル」が外されていたり面白いです
大らかで俗っぽいところが、柔らかい羅漢様のそれぞれのお顔に刻まれていて、まだ唸っておられる「羅漢様」もそろそろにっこりされることでしょう

文化や宗教が九州を入り口に国内に広がっていったことがよく解りました
今度は違った目で九州を見てみたいと思います
長崎だけではなく、大分、鹿児島、熊本とエキゾチックな文化に触れて見たくなりました
向日葵 2008/07/28(Mon)17:24:35 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]