忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
奥三河にある鳳来寺山です♪


飯田街道、三州街道、塩街道と呼ばれる愛知県三河
長野県伊那谷を結ぶ道があります。

戦国時代に甲斐・武田氏が天下を取るために通った道
です
この街道沿いの長篠城をめぐって織田・徳川軍武田軍
が戦った長篠の合戦の地として有名です。

DSC_0863.JPG

この長篠城の近くに鳳来寺山があります。
山水画のような風景のなかで1300年前に利修仙人が
修行していました。


f63a3e09.jpg

利修仙人は奥三河の山深いこの場所で山々を駆け巡り、
修験道の道場としました。
大自然の中、自らの心身を限界まで追い込み、この体験の中で
教えを得ていくのが修験道です。
利修仙人は修験道を行うなかで、鳳来寺を開き、自ら彫った
薬師如来を祀りました


e5ec4aae.JPG

鳳来寺山信仰の山としても多くの人々が訪れて
います
漂泊の俳人・種田山頭火もこの地を訪れ詠んでいます。
鳳来寺山の参道や山々に御仏の存在を感じたのでしょう。



DSC_0979.jpg

奥三河の山々に生息するコノハズクです。
頭に耳のような羽があるフクロウ科の鳥で「ブッポウソウ」と
鳴きます。
鳳来寺山のいたる所にコノハズクのキャラクターグッズがありました。
鳴き声の「ブッポウソウ」が「佛、法、僧」と聞こえることから
鳳来寺山にふさわしい鳥(マスコット)となったのでしょう♪
今では愛知県の鳥となっています。

NHKのみんなの歌で「鳳来寺山のブッポソウ」という歌が
ありました。
村人は“ブッポウソウ”という名前の鳥が「ブッポウソウ」と
鳴いているのだと勘違いしていました。
しかし、実際にそう鳴いていたのはコノハズクでした!
コノハズクは、鳴き声の正体をブッポソウと間違われた
ことが面白くなくて、鳳来寺山から逃げてしまいました

そこで、子供たちとブッポウソウがコノハズクに帰ってくる
ように語りかけました。
夜になるとコノハズクが戻ってきたという内容です。

実際に鳳来寺山の開発の中で、コノハズクの姿が
消えたという時期もあったそうです


DSC_0974.JPG

鳳来寺山の門前町を過ぎ、いよいよ参道の石段を
登る入口に蔦とコケに覆われた石仏がみえました。
両手で桃の形の宝珠を抱えた仏様が、山中に入る
私達が無事に登っていけるようにと見守っている
ようでした♪


3c234967.JPG

鳳来寺へ登る1425段の石段です
鳳来寺の本尊・鳳来寺山峯薬師は、昔から子授け
薬師如来として有名でした
この道を登って、源義経と恋をした浄瑠璃姫の両親や
徳川家康の母・於代の方が子授かりの祈願に
訪れたそうです


c66b87f8.JPG

鳳来寺の本堂です。
薬師如来が祀られています。
徳川家康の生母が薬師如来に参詣して、徳川家康
授かったという伝説から、鳳来寺山東照宮が創建され、
鳳来寺も幕府の手厚い庇護を受けて栄えたそうです。
明治になって廃仏稀釈によって鳳来寺と東照宮は
離れてしまいました
そして鳳来寺の寺領は没収されてしまったそうです。



DSC_0919.JPG

本堂の周りに鏡が付いた「鏡絵馬」が沢山奉納して
ありました。
薬師如来に祈願する際は鏡を奉納する習わしがあるそうです。
皆さんの願い事をに映して、叶えてくれるそうです
鏡からはみ出すほど欲張って願いを書くと、叶わない
ということでしょうか!!



DSC_0921.JPG

さらに石段が続いています
本堂の裏には、弘法大師堂、開山堂があります。



DSC_0933.JPG

開山・利修仙人を祀るお堂です。
瓦には葵の紋が入り、徳川幕府の庇護を受けた
面影がありますが、屋根一面に生えた草が明治
以降の衰退を如実に表していますね


DSC_0943.JPG

石仏の観音様は、風雨にさらされながらも私達を
迎えてくれます。
右手で拝み、左手に蓮の花を持っています。
キレイな蓮の花も時間が経てば枯れていきます。
徳川家という大きな支えによって栄えたお寺も、その
支えを失った事により衰退し、自然に朽ちる道を
辿るのでしょうか・・・


f47751c3.jpg

私は、《朽ちる》とは、自然に還ることだと思います。
大木が倒れて朽ちた上に新しい芽が吹き、その木から
養分を頂いて育つ

鳳来寺も同じように建物が朽ちてしまっても、そこで終わり
ではないでしょう。
この姿を見た人の中から信仰の新しい芽が出たら良いですね

 

DSC_0955.JPG

鳳来寺山は東海自然歩道に含まれていて、ハイキングの
方がよく訪れるそうです
信仰から行楽に形が変わっても、ここを訪れる人の心
は、この自然の中で澄みわたるでしょう


次は鳳来寺山・東照宮に行ってみます





 


拍手

PR
≪  162  161  160  159  158  157  163  156  155  154  153  ≫
HOME
Comment
フォー来寺さん♪
子孫ですか・・・!!
ちょうど今日姉に子供が産まれて
チエおばさんになったところです(笑)!!
子供を産むってすごいことですよね!!
12時間かかったそうです><
でも無事に産まれてよかったです!!
ちなみ母が送ってくれた写メを見たら・・・
私が生まれた頃にそっくりでした@@
赤ちゃんはみんなおんなじような顔をしていますが。。。
母も似てるね~なんて言っていました^^
愛着が湧いちゃいます!!!
チエ URL 2008/09/20(Sat)18:16:13 編集
なおさん♪
えへへ♪
行きました~~~!!
二枚目の写真が気にいっています!!
小さいころ家族で鳳来寺山に行きましたよ~!
奥三河の川で遊んだり!
懐かしい^^♪
チエ URL 2008/09/20(Sat)18:12:03 編集
向日葵さん♪
そうそう!
山ってなんとなーーく神秘的で何かこうエネルギーを感じてしまいますよね!!
しーーーーんとした森林の中を歩くと
何かパワーを感じるような???
それは自然というものが大きいからなのでしょうか??
チエ URL 2008/09/20(Sat)18:10:38 編集
無題
「朽ちるとは自然に還る」か・・・
なるほど、そうかもしれませんね!
人間の社会も栄枯盛衰が繰り返されていますが、それによってなくなるという事はありませんもんね。
むしろ、その衰退したものを活かして新しい芽が出てくる。

でも、その繰り返しの中でずっと長い歴史を重ねていくと人間は、過去の歴史に学ばないことってありますよね。

朽ちることに悲観するんではなく、何を残し伝え、引き継いでもらうかなんでしょうね。
人間も自分の肉体は亡くなって(自然に還っても)子孫という形を残していきますもんね!
ちょっと、次元が違いましたかね(汗)
フォー来寺 2008/08/16(Sat)18:56:41 編集
良いな〜
行ったんだ〜チエちゃん!
行きたかったんだよな〜。
秋の紅葉綺麗だろうな〜。


なお 2008/08/08(Fri)22:03:56 編集
無題
 「夏草や 兵どもが 夢の後」
      
松尾芭蕉が「おくのほそ道」で平泉を訪れたとき、義経最期の地で詠んだ句ですね

日本の山は霊山とされて信仰のされている山々が多いですね
合唱団の合宿で山に入り自然の息吹や、山の持つ力を感じて歌っていたものです
自然に対する、畏敬の念は知らずに手を合わせている事になるのかしら!

自然のなすがままに朽ち果てていく!そんなふうに生きていけたらと思いました

何れは夏草の生い茂るがままに・・・
向日葵 2008/08/08(Fri)16:29:25 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  162  161  160  159  158  157  163  156  155  154  153  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]