忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
活気あふれる日田祇園祭です♪



c7960d72.jpeg

DSC_1089.JPG

日田地方では、およそ500年前から小さな祇園社が
数か所で祀られていました。
江戸時代、天領として栄えた日田の商人が勢力を
持つと隈や豆田の各地に大きな社を建て山鉾を
奉納しました。



1d334a78.jpeg

疫病や風水害を払い、安泰を祈念する「日田祇園祭」では
絢爛豪華な山鉾が祇園囃子の音色とともに隈・竹田地区、
豆田地区の街並みの中を巡行します。



DSC_1143.JPG

各地域に伝わるメロディーは代々受け継いでいきます



95fc200b.jpeg

暑い中、水を掛け合ってテンションを上げていました

山鉾を引いている人たちもそうですが、山鉾が通る道沿いの
町の人たちからも暑い中、水をかけられていました。
色々な意味で皆さんが一体となって作り上げている
祭りなのですね!
何事も一人ではきませんし、多くの人が共通の目的の中で
ひとつにまとまっていく事で価値ある大事業は成される
のでしょう

日本の祭りというのは、地域の人達のコミュニケーション
促進し、目的を共有して何かを為すという意味では、地域の
人たちの連帯を高めていくうえでとても重要な役割を担って
いるのですね。
大切にしなければならない日本文化のひとつだと思いました。


299fd7a7.jpeg

樹齢100年以上の松を輪切りにした4本の車輪を
使用する山車です。
現在は8つの町で、高さ6mから11mの山鉾九基が
巡行を行っています。


DSC_1125.JPG

先導役は花形です。
山鉾の上から練り方の指示をして、鉾を無事に奉納
させる大切な役です。

オーケストラでも指揮者が大事ですよね。
同じ曲でも、指揮者の感性によって曲が変わってきます。

先導によって鉾の動きも変わってくるでしょう。


4a121303.JPG

350f4907.jpeg

商店街を練り歩くときは、みながを合わせないと
建物にぶつかりそうになってしまいます


b5892796.jpeg

時々方向を変えながらみなで力を合わせて練り歩いていました。



e05aeb7f.jpeg

433b3396.jpeg

大きなものを動かすには、一人の力ではできません。
それでもたくさんの小さな力を寄せ集めれば、大きな力
となって重たい鉾も動かすことができますよね



6db32249.jpeg

f2d3e20e.jpeg

方向転換には山鉾をかついでいる6人の人が声を掛け合って
呼吸を合わせて」行っていました。

「呼吸を合わせて」何かに取り組むと《阿吽の呼吸》といわれる
お互いに言わなくてもわかる」ような連帯意識が生まれるの
でしょう。
「呼吸を合わせて何かに取り組む」と人間関係が深くなりますね。
素晴らしいことだと思います。


49cd7a32.jpeg

外国人の方も祭りのハッピを着て参加していました。
最近は、私たち日本人も忘れかけてしまった伝統や文化に
積極的に取り組んでいますね。


fd14b18b.jpeg

私も子どものころ、毎年秋になると山車を練り歩く
お祭りに参加していたなぁ…なんて懐かしくなりました。

山神神社を出発し、秋の収穫を神様と天の恵みに
感謝しながら町を練り歩きます
そして夜、再び神社に奉納します

「セーラ、セーラ」と掛け声を合わせて町を練り歩いた
思い出がよみがえってきました。
子供のころハッピを着せてもらってうれしかったな♪



96f8142a.jpeg


889e37b3.jpeg

今年も元気に参加できたとうれしそうに話していました


ced41d55.JPG

山鉾を押す男たちをうちわで扇ぐのは子供の役目です。



DSC_1167.JPG

また、夜には提灯を飾り付けた優雅な晩山の巡行で、
祭りは一気に最高潮に達します



20d3eb9d.jpeg

69bfd3d4.jpeg



bd882013.jpeg

同じことの繰り返しですが、昔から行ってきたこと
毎年行い、それを見てきた若い人たちが祇園祭りを
で覚え、脈々と受け継がれていくのでしょう。


a1f87aaf.jpeg

華やかな部分が強調され、私たちの目に見えますが、
裏側では「伝える」ということが大切なのでしょう。

祭りが終わったら、翌年のために一年間準備に
取り組む。
みんなが力を合わせて祭りを作り上げているからこそ、
その姿を見たいと人が集まってくるのでしょう。
ただ山鉾が大きいからではなく、それを押したりする姿
躍動感に感動し、人は訪れるのだと思います。

伝統を存続させよう、後世に伝えていこうと町の人々が
努力をしている、そんな日田の町でした


次は、小鹿田(おんた)焼の里を訪れます
 

拍手

PR
≪  166  165  164  162  161  160  159  158  157  163  156  ≫
HOME
Comment
まめちゃん♪
伝えること、遺していくことってホント難しいんだよね!
観光地でも廃れてしまうところって多いよね@@
まめちゃんとこは世界各地から人が訪れるでしょう!
私もまた行きたいわ~!!
チエ URL 2008/09/22(Mon)15:17:21 編集
向日葵さん♪
TBありがとうございます!
たった一日のために一年間準備をする。
そして本番で力を出し切り、翌日からはまた来年の本番に向けて準備をする。。。
そうした繰り返しで文化は守られていくのですね^^
チエ URL 2008/09/22(Mon)15:13:44 編集
フォレ山鉾さん♪
阿吽の呼吸!!
そうですね~
とても息が合っていて、勇壮な姿を見る事ができましたよ^^v
みなで力を合わせてひとつのことを成し遂げるって素晴らしいことですよね!!!!
チエ URL 2008/09/22(Mon)15:12:00 編集
無題
ここに来ていつも思う。
伝える・守る・受け継ぐ。。。この大切さ・難しさ。。。

日本の独特の風習や文化。。。出来れば受け付いて後世に残して生きたいよね。
まめ 2008/08/22(Fri)13:48:51 編集
無題
勇壮な山鉾ですね

こうして引き歩く以外の維持管理の大変さを想います
それが住民のご近所意識を高め、伝統の敬称と誇りへと・・
大勢の人が、晴れの日のために日頃護り鍛錬している事が伺えますね

私故郷にも「風流物」と呼ばれる山鉾があります
TBしますね
向日葵 2008/08/17(Sun)13:54:05 編集
無題
今回はまた含蓄が多いですね。
まずは、祭りの重要性です。多くの人が目的を共有していく事で、地域のコミュニティや連帯感を生んでるって事、私も同感です。

そして、中心者の大切さ。私は大学の時にオーケストラの指揮者をさせてもらった事がありますが、利害のない組織においては(会社とか仕事ではない組織では)人は口先では動いてくれない事を思い知らされました。誠実な言葉や行動、そしてその持続の中にしか信頼は深まりませんでした。
きっと、こういった祭りの中心になってる人は日頃から同じ地域に生きて地域の為に尽力して人の面倒をみてると思います。そういう意味でも地域の人の連帯意識は高まり、とても意味の深い行事になってると思います。

そして、練習・本番で呼吸を合わせる。
そんな繰り返しの中から、お互いに「察する事」ができる深い人間関係ができますよね。
いろんな寺の門にある仁王像2体が「お互いに話さなくてもお互いの事や役割がわかる」という事から「阿吽の呼吸」という言葉が生まれたそうですね!
人間関係でも夫婦関係でも「阿吽の呼吸」というような関係ができると素晴らしい事だと思います。
相手の事を想うから察することができる。日本の文化の素晴らしい一面なんでしょうが、こういう地域のコミュニティの行事の中でもそんな文化は培われているんでしょうし、そんな事も含めて外国人が魅力を感じる事だと思います。

先日、キツネ踊りという祭りにいったんですが、その時に、外国人のカップルが流暢な日本語で話しかけてきました。
日本人は日本の古くからある考え方や文化や習慣などの良さを大切にしてもっと誇りを持つべきだと言ってました。

祇園祭りって各地にあるんでしょうが、大なり小なり記事中にあったような、残すべき良き文化という面はあるんでしょうね。
フォレ山鉾 2008/08/16(Sat)20:22:07 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
祭り・・・日立の風流物
国指定重要有形・無形民俗文化財 日立風流物の由来  日立風流物は日立市の前身である日立村の鎮守神峰神社の祭禮に、氏子達が奉納の意味で造った山車に操り人形を配したもので、江戸時代中期享保の頃に始まり、文化文政の頃には山車に改善を加え山車そのものがからくりとなり、風流物、笠鉾と呼ばれるようになりました。 精緻にして豪壮な変化に富んだ山車で、明治の初期には既に現在の形になっていました。 また、この種の山車は全国にもその例が無く、昭和三十四年には山車としては指定第一号である国の重要民俗資...
URL 2008/08/17(Sun)13:57:36
日田祇園:宵闇に山鉾ずらり
大分県日田市の夏を彩る国指定重要無形民俗文化財「日田祇園」の山鉾9基が勢ぞろいする「集団顔見世」が22日夜、JR日田駅前であった。祭り本番は24、25の両日。
URL 2010/07/23(Fri)10:10:22
≪  166  165  164  162  161  160  159  158  157  163  156  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]