忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・
実相寺と西尾の文化です。
 
西尾市は、むかし吉良荘といわれ京都・九条家
領地でした。
吉良と聞いて先ず思い出すのは、忠臣蔵の敵役・
吉良上野介ですね
吉良上野介の先祖は、清和源氏の流れを汲み
足利氏の支流という武家の名門でした。
三河地方の守護職に就いて吉良荘に入ってから
吉良氏と名のったそうです。
 
その後、内紛から西条吉良東条吉良に分かれて
勢力は弱体化してしまいます
ただ、足利将軍家の近臣として仕えて、名門としての
誇りは高かったそうです
東条吉良家は江戸時代には高家筆頭として幕府に
仕えましたが、元禄年間の刃傷沙汰がもとで改易と
なってしまいました
名門の誇りが仇となり、忠臣蔵の敵役として有名に
なってしまいましたね。
吉良上野介の領地は、西尾市に隣接する吉良町
なっています。



DSC_0143.jpg
 
西尾市は、江戸時代には西尾藩といわれ松平家の支流
大給(おぎゅう)松平家が藩主でした。
松平家の支流ということで家紋は「ひとつ葵」です。
 


 DSC_0150.JPG
 
兜の前立は「」の一字ですね。
西尾藩の居城跡は整備されて、城門や櫓や歴史
資料館が併設されています。
 
徳川家康の父・松平広忠は、吉良氏の家臣でした。
時代は移り変わり、西条吉良氏は徳川家康によって
滅ぼされて、江戸時代に西尾藩となったそうです。
藩城・西尾城は、西条吉良氏の居城・西条城の跡地に
建てられました。
東条吉良氏は「名門の家を残す」ということで助かったそうです。



 DSC_0076.jpg
 
西条吉良氏は滅びましたが、西尾には二つの文化が
伝承されています。
その二つの文化の発祥地・実相寺です。
実相寺は吉良氏の菩提寺として鎌倉時代・文永8年に
建立されました。
 
それは、モンゴル帝国フビライ・ハーンの使者が再来日
した年です
当主・吉良満氏は、吉良荘が京都・九条家の領地だった
関係で九条家の菩提寺・東福寺から聖一国師を開山として
迎えました。



 44e43c2d.jpeg
 
当時は、吉良氏の財力により境内には七堂伽藍の
堂宇が建ち、全盛期には40ヶ寺の塔頭があったそうです。
戦国時代に織田信長の焼き打ちにあい諸堂は全て焼失
してしまいました
 
今は、遠州地方の古堂を移した仏殿と周囲の老松が
古刹としての面影を残しています。



 DSC_0090.jpg
 
境内の周りには、茶畑が広がっていました
聖一国師は、開山として迎えられた折りに境内により
持ち帰った茶の種を蒔いたそうです
当時、茶は修行の為の薬と考えられていましたから、
修行僧の為に京都から持ってきたかもしれませんね。
これが西尾茶の始まりといわれています。


 DSC_0097.jpg
 
聖一国師が開山となり、国師の弟子・二世応通禅師に
寺の運営を託しました。
七堂伽藍の境内は、国師が修行した中国・径山万寿寺
模して造られたそうです



 DSC_0104.jpg
 
鐘楼の釣鐘が、珍しい形をしています
鐘の下、裾の部分が八葉に型取られた日本では珍しい
日中混交式で八葉宝鐸型梵鐘 (はちようほうたくがた
ぼんしょう)と言います。
この釣鐘には、龍神が和尚の法話に感銘して寄進したとか
中国・径山万寿寺が火災にあった時、援助したお礼に頂いた
とか、諸説があります。
また、胴周りがのっぺりとして撞木の当たる所も無いので、
風鈴として飾られたという話もあります
どちらにしても中国文化が西尾に伝わったことを示すものですね。
 


 DSC_0119.jpg
 
西尾に伝わる文化として有名なのが、三河万歳(みかわ
まんざい)です。
正月や慶事に披露する祝福芸で国の重要無形民俗文化財
に指定されています。
祝福芸というと染之助、染太郎の「おめでとうございます」を
思い浮かべますね。
 
この三河万歳は、二世応通禅師が中国へ留学中に習い
覚えた随の万歳楽が本となっています。
 
人々に仏教を分かりやすく説くために言葉と節を付けて
教えたのが始まりです
知多半島に伝わる尾張万歳も、応通禅師の兄弟子・
無住国師が名古屋・長母寺に入って法華経を分かりやすく
伝えるために知多の寺領で教えたのが始まりだそうです。
 


 DSC_0113.jpg
 
吉良氏の菩提寺・実相寺の近くに隠居所・丸山御所が
ありました。
そこで、実相寺を中心にした中世文化を「丸山御所の時代
と呼んでいます。
その歴史を経て西尾茶は、茶の湯・文化として生活に
浸透しています
市内で抹茶を頂ける場所や販売店が至る所にあります。
 


 DSC_0110.jpg
 
実相寺に隣接するコミュニティーふれあいセンターに
茶室がありました。
だれでも使用できる場所があり、みんなが親しむことによって
文化は広がるのでしょうね

 
 
DSC_0130.jpg
 
西尾城の中にある旧近衛邸で抹茶を頂きました
栗蒸し羊羹はとても懐かしい味がしました。

近所の和菓子屋さんのおじいちゃんが作る栗蒸し羊羹
が大好きでした。
朝早く、羊羹を蒸す湯気が窓から漏れていました。
栗を手でむき、絶妙な味加減で評判でした。
最近引退され、少し寂しいです。
 



 ef2b5815.jpeg
 
「お茶」と「三河万歳」
 
歴史を紐解くと色々な人や場所との繋がりが見えて
きますね
文化を伝えることは、歴史を伝えることになるでしょう。
そして歴史を知る事によって、文化を大切にする気持ちが
生まれると思いました。
 
 
清水次郎長は、治助から生まれ故郷は万歳の出る
ところと聞いていました。
「この土地は、万歳の出る処じゃないかね」
「ここは、本場ですよ」
「寺津はまだ先かね」
「矢田の一本松から半里いったところが寺津の町です」
茶屋で話を聞いた清水次郎長一行は、寺津の親分は
治助に間違いないと確信して先をいそぎました。
寺津の親分が治助なら、そこで侠客の修行をしようと
考えていました。
 
次は一行の跡を追って矢田から寺津に向かいます。

拍手

PR
≪  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  ≫
HOME
Comment
フォレ蔵さん♪
「忠臣蔵」で吉良上野介は相当な悪者になっていますね^^
吉良町もその事で昭和30年まで横須賀村と吉田町と名乗っていました。
二つの自治体が合併して吉良の名前の復活を願い吉良町となりました^^
今では地元で史実に乗っ取った名誉回復に取り組んでいるそうですよん♪
今度吉良町も取り上げてみまーす(^p^)
チエ URL 2008/10/02(Thu)01:04:28 編集
無題
忠臣蔵における吉良上野介が浅野の当主にした言動や所業は、史実がどうかはわかりませんが人間として品性に欠いた劣悪な人格と私は思います。

あだ討ちがいいとかは別の問題ですが、こんな人が名門という事でしたら、名門ってあんまり価値のない事ですね。
フォレ蔵 2008/10/01(Wed)15:00:50 編集
向日葵さん♪
吉良上野介の吉良町にはビーチがあり
子供の頃よく行きました(^o^)v
もう何年も行っていないので
どんなだったかあまり覚えていませんが(笑)
機会があれば忠臣蔵の前くらいに訪れてみてもいいかなと思います~♪
チエ URL 2008/09/30(Tue)18:13:38 編集
無題
実相寺、名前は聞いてましたけど・・・
NHKの松平定知アナは一族の末裔と聞きます。
吉良上野介も領地では名君と言われますが、忠臣蔵で随分悪者になってしまいましたね
こうしてお寺のありようから歴史を見直し、人物像を改めてみていくことは大切ですね

お正月に見られる三河万歳、中国に留学中・・・ですか、由緒あるものだったんですね
形の変わった「鐘」の音、聞いてみたいです

向日葵 2008/09/23(Tue)13:10:04 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]