忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・・・
消えるもの 残るものです♪
 
大河ドラマ篤姫も佳境に入ってきましたね
目が離せませんね~~!!

篤姫の強い意志で、江戸城が無血開城されました
これから徳川家の家臣は、江戸を離れて駿府藩(静岡)
へ移って行きます
 
 47d63452.jpeg

 
長州藩も廃藩置県を経て山口県となり廃城令によって
天守・櫓などの建物を取り壊しました
 
そして禄(収入)を失った家臣の為に新たな職として
考えた産業が・・・
 
夏ミカンの栽培だったそうです

 
DSC_0537.jpg
 
特産品の夏ミカンはジュースやゼリーに
 

DSC_0702.JPG

お堀の中にあった毛利輝元の銅像です。
関ヶ原の合戦で西軍の大将として、負けた責任を
とって広島から萩に移り隠居しました

長州藩の開府にあたって城下町の整備と
藩経営の安定に腐心したそうです
 

DSC_0497.JPG

萩の特産品、萩焼は毛利輝元が朝鮮人陶芸家に
窯を開かせたのが始まりです


DSC_0797.JPG
 
没後、本邸跡に菩提寺・天樹院を創建して
墓所としました。
唐破風の門が墓所の入口です。
長州藩を築いた要として城内に墓所が造られたのでしょう。
ただ、毛利輝元は長州藩の藩主に就かなかったので歴代
藩主の菩提寺に墓所を造らなかったという話もあります。

 
cb88876d.jpeg
 
時は過ぎ、明治の初めに天樹院は、廃寺となりました
今は、境内跡地に茂った樹木と墓所だけ残っています。
 
 
DSC_0815.JPG
 
廃寺となって無人の場所に無人の料金箱!
なんだか寂しいですね


DSC_0800.JPG
 
墓所へと向かう参道には石灯籠と鳥居・・・
東光寺、大照院と同じですね。
そして、石塔には大照院と同じ「普」の字が
彫ってありました


389f591a.jpeg
 
廃寺となって140年・・・
天樹院は再建されずに今日に至っています。
萩城も再建されていませんね。
存在しない事は寂しいですが、無い事によって
私たちに伝わるものもありますよね。

江戸末期の尊王攘夷、倒幕、王政復古、
明治になって版籍奉還、廃城令、廃仏毀釈etc...
その変化がもたらした今の姿・・・歴史のありのままの
姿を見ることも大切でしょう


42b6fbb2.jpeg
 
当時は、時代の変化の真っただ中で、世の中が
新しい形に変わる時でした。
変わることは、今までの形を捨てることかもしれません。

しかし、ただ全てを捨てるのではなく、残すべきものも
あると思います。
安易に捨ててしまい、失った日本の文化や大切な心が
沢山ありましたから・・・


DSC_0368.JPG

今、世の中は経済危機に見舞われているといいます。
企業は人員やコストの削減に取り組んでいます。
しかし、社員の心まで捨ててしまわないように!!

危機の時こそ「心」が大きな力になると思います

何を捨てるか、会社のトップも政治家もそれを見極める
大事な時だと思います。

DSC_0629.jpg

そして、捨てるだけでなく、築いていくことも忘れない
ようにしなければいけませんね♪
 
 
次は、堀ノ内にある家臣の墓です。
二人の家臣の運命を探ってみます

拍手

PR
≪  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  ≫
HOME
Comment
向日葵さん♪
向日葵さんはホントいいことおっしゃいますね~~~^^!!!
自分達の祖先を敬い、誇りを持って生きていけるよう大切に守っていく!

本当にその通りですね^^b
京都もそうですが外国人の方が熱心だったりしますね^^
NYから車で3時間の禅寺もニューヨーカーが真剣にZENに取り組んでいました!
私も早朝の坐禅に挑戦!!
ひんやりと冷たい床。。。背筋がピンです^^b

私達も先人の遺してくれた文化遺産を
大切に遺していかないといけませんね!
観光地とはいえ教会に落書きはダメ!!
チエ URL 2008/12/17(Wed)15:21:39 編集
無題
先日、源氏黄金の絵巻の行方を外国人の研究家がその資料作りに世界中を奔走しているのを見ました。
江戸末期から、明治初期の混乱期にとてもお大切な文化を捨ててしまい本当に残念で・・
独特の繊細で気品のある日本文化は外国人のほうがその価値を認めていることが多いですね
こうして神社仏閣を通して史跡を追い、先人の息吹を感じることはとても大切なことと思います
「心まで捨ててはいけない!」
文化遺産に対する考えがもっと変わり、自分達の祖先を敬い、誇りを持って生きていけるよう大切に守っていって欲しいですね
ひまわり 2008/12/11(Thu)11:49:40 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]