忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・・
京都府・舞鶴市・安岡です♪
 
金閣炎上」の主人公、林養賢が暮らした
舞鶴市安岡を訪ねてみました
 
 
 DSC_0309.jpg
 
早朝の西舞鶴駅から見た景色です
暗いうちから通勤通学の乗客が構内で
暖をとっていましたよ~
 
 6daa3729.jpg
 
林養賢が通った旧制・東舞鶴中学は        
東舞鶴駅と松尾寺駅の間にありました
車窓から眺めた風景の左側に現在の
東舞鶴高校があります
 

DSC_0256.jpg
 
安岡を訪ねた時は、ちょうど雪でした
 さむーい
63be6d8b.jpg
 
集落の入口に祀られた石のお地蔵さま
 
雪に埋もれないように小さな御堂に
納められています
 
この御堂は山手に在る林家の菩提寺      
少林寺へ登る入口にもなっています。
 

DSC_0259.jpg
 
この菩提寺で林養賢の父は仏門に入りました
今は空寺で廃墟となっているそうです
 
ここまで来たので訪ねてみたかったのですが、
「参道は雪深くてとても行けません」
と止められてしまいました
 
父の実家に下宿した林養賢のもとへ、母は日傘を
さして一日がかりで歩いて往復したそうです
         
半島の先端にある西徳寺に入寺した父・・・
そこに25歳で嫁いだ母

寒村の小さなお寺で苦労が多かったので、
母は「息子を金閣寺」という思いを
募らせていったのでしょう。        
 

 81f397f5.JPG
 
林養賢は、中学生の時に父を喪い、西徳寺から
母と一緒に出ていきます

その後たどった道に、悲しい結末が
待っているだなんて思いもせずに
 
 
 DSC_0427.JPG
 
黄金に輝き私たちを魅了する金閣
 
この輝きが心を惑わしたのでしょうか
 
 
金閣炎の悲劇の後、母子は父の眠る西徳寺
一緒に眠ることも叶いませんでした   
 
西徳寺を出て行かなければ、父と一緒に
眠ることができたでしょう・・・


53d01485.jpg
 
今、林養賢と母は父の実家の墓所
眠っています

 
 DSC_0278.JPG
 
林養賢は収監された後に病気となり、刑期を終えて
すぐ亡くなってしまいました
 
僧籍から離れて付けられた戒名です。
下の3文字で林養賢と分かりました
 
 

DSC_0275.JPG
 
母の墓です
 
息子に面会を拒絶され、失意の中で
命を絶った母・・・

どなたが戒名を付けたのでしょうか
 
「闇夜を照らすお月様のように、一人きりになった
息子養賢を慈悲の明りで包んで下さい」  
と願っているような気がしました
 
「慈照」といえば、銀閣寺の正式名は
東山慈照寺」です
 
銀閣寺慈照寺)は金閣寺と対照的に、輝きよりも
心が落ち着く静寂な場所のような気がします
 
母親にそのような場所で眠って下さい
という意味も含まれているのでしょうね。
 
 
DSC_0286.jpg
 
金閣炎上の事件は真夏の暑い季節でした
 
でも、放火犯・林養賢を知るには真冬の若狭
イメージにぴったりだと思いました
 
人間の心のように燃える暑さの京都       
生活の苦しみを感じた寒い若狭



bba49c97.jpeg

大変な環境や状況の中で頑張っている人って
たくさんいるんだよ
、と教えてくれた人がいました。

どんな境遇に生まれても、又、恵まれた境遇で
あっても、その人の努力によってどんな人生にも
舵取りをしていけると思います

心の中にある優しさや強さを引き出して、
前向きに生きていくことが大切だと感じました

 
 
次は、活気あふれる冬の錦市場をブラブラ
しまーす

拍手

PR
≪  250  249  248  247  246  245  244  243  241  242  240  ≫
HOME
Comment
お墓
金閣寺を見て林養賢と母のお墓を見たくなりましたが場所がわかりません安岡でグーグルマップ見ても見れないので・・・
よかったら簡単でいいですので何か目印的なものあれば教えてほしいです。
たけし 2015/11/26(Thu)14:33:25 編集
向日葵さん♪
戒名ってどんな風につけるんだろうって不思議に思ったことがあります(笑)
生前の故人の人柄などから文字を考え、決め手いくって聞きました。
あとは願いをこめたり。。。

どんな逆境の中でも前向きに、明るく、自分らしく頑張っている人ってたくさんいますよね!
私も負けないようにがんばらなければ~~~^3^~♪

困難にぶちあたったり、辛い境遇にいる人こそ、成長していけたりってありますよね!
チエ URL 2009/02/02(Mon)15:58:49 編集
無題
此処まで訪ねて行く人はそういないでしょう
そうですね、どんなに過酷な人生でも歯を喰いしばり生きている人は大勢います
不幸にして林養賢は人生の歯車が狂ってしまったけれど、責める気持にはなれませんね!
失意の内に亡くなっていった母親がかわいそう・・・何よりも幸せになって欲しいと長宇のがわが子!
どんなに胸を痛めたことでしょうね
ひっそりと静かにねむる墓碑、戒名のように、姫が思ったように心安らかにと祈りたいです
向日葵 2009/02/01(Sun)15:48:41 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  250  249  248  247  246  245  244  243  241  242  240  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]