忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
千の風になって です♪


44ffa4b5.jpeg

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 

眠ってなんかいません


c0d2783c.jpeg

千の風に

千の風になって

あの大きな空を

吹きわたっています


86bd4f7d.jpg

秋には光になって 畑にふりそそぐ


DSC_0313.jpg

冬はダイヤのように きらめく雪になる


36edf6c1.jpeg

朝は鳥になって あなたを目覚めさせる


06faceac.jpeg

夜は星になって あなたを見守る


DSC_0511.JPG

私のお墓の前で 泣かないでください

そこに私はいません 

死んでなんかいません


DSC_0452-1.jpg

千の風に

千の風になって

あの大きな空を 吹きわたっています


37382756.jpeg

千の風に 

千の風になって

あの 大きな空を 吹きわたっています

あの 大きな空を 吹きわたっています



DSC_0298.jpg

お友達のひまわりさんがコメント欄で英語詩
a thousand wind」を紹介してくださったので
日本語訳の「千の風になって」を紹介したいと
思います

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、作者不詳
の英語詩は「千の風になって」という日本語訳を
付けられ紅白でも歌われていましたね

この不思議な詩の主人公は、なんと亡くなった方
なのです

残された人に
私は死んだけれど、今は風に生まれ変わって
元気にしているから、
そんなに悲しまないで
と励ましているのです

「朝は鳥になってあなたを目覚めさせ、
夜は星になってあなたを見守っているよ」
無事を祈っているのです


4e681e18.jpeg

残された人は
「愛するあの人がそう望むのならば、
涙を拭いて立ち上がろう!

と「自分は今も生きているんだ」という事を
気付かされますね。

今を生きている私たちは、この世で果たすべき
役割を果たすために、自分に与えられたいのちの炎
を精一杯燃やしながら、明るく前向きに生きて
いかなければならないと思います


ひまわりサンが書いてくださったように、9.11の
追悼式
で「a thousand wind」が読み上げられたのは、

「あの人の分まで生きてやろう!」

と悲しみのどん底に沈んで、落ち込んでいた人が
再生への第一歩を踏み出すきっかけを見つけて
欲しいという願いをこめてなのだと私は思いました。


昨年の夏は曾祖母の初盆でした。
私はNYの禅寺でニューヨーカーに交じってランタンを
湖に流し、元気な曾祖母のことを思い出していました。

禅寺での「OBON」では英語詩「a thousand wind」が
読み上げられていて、私も明るく、元気に生きて
いかなくちゃな~と感じたことを思い出しましたよ

拍手

PR
≪  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  ≫
HOME
Comment
ゆうさん♪
写真を褒めていただきありがとうございます♪
この詩はとてもスキで、いつか記事にしたいな~なんて思っていました^^v

誰もが経験する別れ・・・私がお会いした庵主様は、「死んでも心はここに残るさ」とおっしゃったことが印象的でした。

死んだらどうなるって分からないですけどね^^

でも残された人は故人を想うことでまた身近に感じられるんだろうなーって思います☆

物を大切にしていた時代にはゆうさんのおっしゃるように心も伝承していったと思います。

またまたいいお話をありがとうございます^^
チエ URL 2009/04/13(Mon)17:07:00 編集
外出サン♪
外出さんこんにちわ~~~♪
週末は暑かったですね@@
外出さんはどこかへお出かけされましたか^^??
私は長野へ行っておりました(^^)ノ
爽やかな風が吹いていましたよん♪

お花のキレイな季節ですね!
私も散歩したくなっちゃいます♪

珍しい草花ですか。。。
土曜日に長野で見つけたかわいい桃花を
次回紹介しますね~~!!

お楽しみに♪
チエ URL 2009/04/13(Mon)14:53:02 編集
つくしさん♪
初めまして!
読んでくださっていたのですね!
嬉しいです♪
みなさん私以上深くて濃い内容のコメントをくださるので、私はちっちゃくなってます@@
どうしても訪れてこの目で見たかった9.11の現場。
そのすぐ向かいにある教会には世界中から送られた励ましや愛のメッセージがありました。
教会というキリスト教の場所でありながら、宗教の壁を越えて、人として祈りのメッセージを送るということは、人間の素直な部分だな~と思いました。
残念なことにいまだに宗教による対立から紛争が起こっていますね。
私は特定の宗教を信仰しているわけではありませんが、他の宗教を認めることが出来ずにただただ攻撃するのはどうかなって思ってしまいます。
タイトルは「いい寺ドットネット」ですが、お寺に拘るつもりも無いですし、むしろ色々な宗教の中の自分が共感できる部分を記事に出来たらな~なんて思っています☆
だって宗教って元々人の幸せを願うことから始まってるんじゃないかなって思うからです。
つくしさんとは考え方が一緒ですね^^
信仰している宗教が異なるからといって他人を批判したり口撃するのってなんか悲しいですよね!
他者を認めて共存できる社会になってほしいですね^^b

呼び方はどんなでもかまいませんよ!
いい寺を読んでくださっている方、ここにコメントをくださる方みなさんに感謝感謝です♪
恥ずかしがらずにまたコメントくださいね(笑)
チエ URL 2009/04/13(Mon)14:47:55 編集
無題
詩の内容が伝わる写真ですね!
誰もが訪れる別れ・・・・
でも、その人と過ごした時間や言葉が
思い出として心にあれば、
身近に存在を感じることができますね。
物を大切にしていた頃の日本では、
形見分けで故人の使用した着物や道具を頂き
それを大事に使うことによって心が通じ、
伝承していった文化があったと思います。
「その道具、その空間、その姿によって
故人の考えや気持が伝わる」
消費社会が、そんな風習を私達から
奪ってしまいましたね。
ゆう 2009/04/13(Mon)11:10:16 編集
ひまわりさん♪
ひまわりんさん♡
私も同じ気持ちです♪

こうやって共感できる想いがあって、
素直な思いを聞いてもらえて・・・

あっ 普段から言いたいこと言ってますが^m^

やわらかい風が吹きますように。
チエ URL 2009/04/13(Mon)01:41:25 編集
なおさん♪
不思議な詩ですね~~^^
大切な人を失ったとき、悲しんでばかりじゃダメなんですね。
亡くなった人は残された人が悲しんでばかりではなく、前を向いて歩きだしてくれることを願っていると思います。
今日久しぶりに家族全員が集合し、
家族がいるってホント幸せなことなんだな~
と実感しましたよ(uιu)
チエ URL 2009/04/13(Mon)01:14:15 編集
春ですね
NYの事件は未だに信じがたいですが現実として受け止めていかなければ行けないですね。日本は今四季の中で一番過ごしやすく、いろんな意味でのスタートの季節ですね。ここ数日朝晩は冷え込みがありますが日中は穏やかとゆうより初夏に近い陽気で櫻の花びらも急かされて散っていますね。自然の作り出すピンクの絨毯が今は素敵ですね心を癒してもらってます。何枚か綺麗な花の写真に春を感じますね。この陽気に誘われてこれから沢山の草花が、咲き始めると思うと心が和みますね。その花々に千の風が吹いてゆらゆら揺れている光景を勝手に想像しちゃいます。
旅の途中何処かに珍しい変わった草花、地方独特の草花等ありましたら教えてくださいね

外出 2009/04/12(Sun)23:26:27 編集
無題
初めて書き込みをします。
何度か見ていたのですが、どうしても書き込みをする事が出来ませんでした。

NYシリーズでの記事そしてコメントを読んでいますと私も勇気を出して、初トライです。

平和への祈りや他の人への思いやりそして励ましが国境を越えても存在し、なんだか勇気を頂きました。

いい寺ネットとタイトルからもっと宗教色が強いのかな?  なんて思っていました。
悪い意味ではありません。

宗教の対立で戦争が起こることも過去にありましたね。でも、記事を読んでいると、どんな宗教でも、人の幸せを願い、人への労りを教えとしているのではないでしょうか?

私がもしかして宗教色が強いのでは?と書きましたのは、自分が信仰する宗教が一番で、他の宗教はそうでもないように言うを多く見てきました。他の宗教を良いところを認めきれない事何て残念なことでしょう。

普段は自分の意見もあまり言わない私ですが、過去に拘り前を見ていなかったように、このブログを読んでいくうちに気づきました。

何て呼んだらいいかわかりませんが、他の方は「姫」、「ちえちゃん」とか呼ばれていますが、私はまだなんて呼んでよいのやら?

とにかく初めての書き込みですので、自分の心にあることを書きました。 自分の声でいうことは出来ませんが、こんな世界もあるのですね。

記事を書いているチエさんやコメントを書かれる皆さんの言葉で、少しだけ勇気を出せました。 ありがとうございました。
つくし 2009/04/12(Sun)18:01:28 編集
無題
小さな少女が読み上げたa thousand windは昔から作者不明であったそうですね

そして再生のきっかけになり、広く世界中に・・・

日本には、新井満氏が和訳メロディを付けて歌って各地反響が広がって行きました。
9,11以外でも大切な方の死を受け入れられず、長い悲しみの中にいた方々の心に「顔をあげて前に・・」のきっかけになったそうです!

この世に生を受けたかぎり、いつかは・・・
私も両親共にもういませんが、こうして姫と、姫を通じて繋がっている人達と「想い」共有することで随分と心強い思いです

生きていることが大事!
そして心を柔軟に保ち、悲しみの中にいる人達に軟らかく優しく「風」を送りたいですね

ひまわり 2009/04/12(Sun)11:19:26 編集
この詩いつも思うのですが
不思議な詩だなって思ってました。
死ぬ人が残して行く人に語っているでしょ。
この詩を聞いていると自分が死んだときこう家族に言いたいだろうなってこと書いてあるんですよね。
私はお墓の中にいるのではなく風になってあなたの傍にいます。だから悲しみに暮れるのでは無く前を向いて歩いてください。チエちゃんのひいおばあさまもきっとチエちゃんの傍でチエちゃんを見守っていますよ。
なお 2009/04/12(Sun)01:00:27 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]