忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
島崎家の菩提寺 永昌寺です♪



DSC_0454-1.jpg

江戸時代から明治維新へと

世が明けたけれど「あの時分は良かった!」

と平和な江戸時代を懐かしむ人が多かったそうです



8346e547.jpeg

島崎家の家宝 小倉百人一首

中山道は江戸と上方を結ぶ動脈のひとつでした。

各地の文化が街道沿いの宿場に♪



45a7c322.jpeg

濃尾から南信州にかけて地方歌舞伎が盛んでした。
近隣の飯田には江戸から市川海老蔵がしばしば
興行に訪れたそうです

馬籠の秋まつりでは祭礼狂言の興行が3日間も!

年に一度の楽しい祭は、祭礼狂言で盛り上がり、
囲炉裏端でも狂言の話で盛り上がったそうです

大分の日田祇園祭りでも人々が力を合わせて
作り上げているのを感じ感動しました
祭りが終わったら、翌年のために一年間準備に
取り組む

みんなで作り上げているからこそ、その姿を観たい
と人々が集まってくるのだと思います



bb9f92ac.jpeg

街道沿いの至るところに道祖神が祀られていました
村の守り神であったり、旅人の安全を願う神として
道の傍らや道が交差する辻から見守って
くれています

お地蔵さんがいたり、神様がいたり・・・
土地の風習の中で仲良く祀られていましたよー



b3040ee8.JPG

明治時代に入って、幕府から僧侶に与えられた
宗門権の廃棄と、神仏分離が行われて、神道
中心にした国づくりが始まりました

この動きが地方では、廃仏運動や他宗教の
弾圧となって現れました

明治6年になると、国内外からの批判が強まり、
政府は信仰の自由を認めました
そして、国学者が望んだ王政復古への道は
頓挫してしまいます。



DSC_0461.JPG

島崎藤村の父親は王政復古への想いが強くなり
「どこか古い神社に仕えて新たな生涯を
開きたい!」と東京へ行くことを決めました

そこで、菩提寺との縁を切るために先祖代々の
位牌を引き取りに菩提寺に向かいます

菩提寺の和尚さんは、藤村の父親の考えを
理解して、不機嫌な顔をすることなく、先祖の
位牌を差し出しました。

ただ、寺の創建と復興に携わった先祖の位牌
だけは残してもらいました。



94752794.JPG

東京では、任地先が決まるまで教部省に勤めて
いました。
当時の宗教界を担当する役所で、各宗派の
勝手な行動を目の当たりにします

「神道を根本に国民教化の基準をしっかりと
打ちたてておかないと・・・」
と張り切ったところで水無神社から宮司の話が
舞い込んできます

「誰か飛騨行きを引き止めてくれ」と未練を残し
ながら、東京を離れて山深い飛騨の地へと
赴きました



954b82cd.jpg

飛騨の地は神仏習合の風習が残っていて、神社は
寺院の一部という考えの強い地域でした。
藤村の父親は、4年間この地で宮司の職を務め
ましたが、それ以上この地に留まることはできません
でした



DSC_0471.JPG

島崎家の菩提寺・永昌寺には、永昌寺を創建
した島崎家代々のお墓があります。

当時の和尚さんは、修行中からお世話になった
大檀那の島崎家や檀家への恩を忘れずに
住職の務めを一生懸命行っていました



DSC_0476.JPG

境内の裏山を整備して庭を造ったり、
「村のためにも役に立とう、貧しい百姓の
子供をも教えよう」と村の子供たちには
寺子屋で読み書きを教えました

藤村の父親の要望で敬義学校を建てる場所
も提供しました。



9d2d69a9.jpeg

寺を訪れる檀家にはお茶を出して、世間話や
悩み事を聞きました

ある時、和尚さんは十五夜の月見にと藤村の
父親を招いて、村民と一緒に膳を囲んでお酒
を酌み交わしました

寺を離れた藤村の父親でしたが、和尚さんは
笑顔で接待しました



DSC_0475.JPG

その頃、東京でも飛騨でも挫折した藤村の
父親は「復古の道は途絶えた」との思いから
幻覚に悩まされていました

月見の宴の後、藤村の父親は永昌寺
訪れます。
そして、本堂の障子に火を放ってしまいました

幸い、様子が変だと後をつけて来た村民が
消したので大事には至りませんでしたが・・・



ef4772d9.JPG

藤村の父親は座敷牢に幽閉されてしまいます。
戸長の役を下され、復古への夢は破れ、宮司の
務めに挫折。

そして「私はおてんとうさまを見ずに死ぬ。」と
言い残して、自分の望んだ世の中が訪れる
ことなく、静かに息を引き取りました



DSC_0468.JPG

葬儀は永昌寺の境内で、神葬にて営まれ
先祖の墓所に埋葬されました

本堂に火をつけられてもなお、和尚さんは
彼の理解者でした

「御一新の時に宿場の組織と同じように僧侶も
廃止して境内を父親が創立した敬義学校の
ための学びの場にしたかったのでしょう。」
と彼の弟子に話しました。



DSC_0479.JPG

廃退した宗教界を仏教伝来以前の神道に復古
しようと最後まで突き進んだ藤村の父親。

絶縁して本堂に火をつけられても
最後まで創建の恩を忘れなかった和尚さん。

どちらも宗教に対して純粋な気持ちを持っていた
ように思えました。




DSC_0472.JPG

和尚さんは跡継ぎを育てて、本堂の雨漏りを
直したらまた行脚に出る、と藤村の父親の
弟子に話しました。

「もし、その老年の出発の日が来て、西は長崎の
果てまでも道をたどりうるようであったら、遠く
故郷の空を振り返ってみる一人の雲水僧の
あることを記憶しておいてくれよ。」



藤村の父親も、最後まで「復古」にこだわらずに
菩提寺へ先祖の位牌を戻すことができたら
良かったのになーなんて思いました


江戸時代から明治、昭和、平成・・・と時代は
移り変わるけれど、その変化のときに良いもの
まで変えてしまわぬよう、又、他を力でねじ伏せて
まで排除せぬよう、何が一番いい方法なのかな~
って考えてみるのも大切ですよね!




350f4907.jpeg

※「活気あふれる日田祇園」はコチラ↓
  e-tera.net/Entry/160/

拍手

PR
≪  294  293  292  290  291  289  288  287  286  285  284  ≫
HOME
Comment
ひまわりさん♪
夜明けが来てほしいですね!!!
今が暗い闇の中から必ず朝が来るはず!!
そう信じるしかないですね~~@@

でもどんな経済状況であっても、仕事のないことをうらんだり、文句を言ったりするのではなく、自分のできる精一杯をしてみなくちゃですねっ^^v

新しくするのってすべてがうまくいくとはかぎりませんよね!
これまでの良かったこと、そこからも学び、それを生かしていかないとムダになってしまったりってありますよねーーー。

私も失敗を糧にできるようにしよう♪
チエ URL 2009/05/05(Tue)22:16:14 編集
ゆうさん♪
夜明け前は長いです@@
読むの大変でした(笑)
長崎五島列島に行く前に読んだ「沈黙」も小さなプロペラ機着陸の寸前まで読んでおりました^^
チエ URL 2009/05/05(Tue)22:12:57 編集
なおさん♪
なおさん♪
難しかったですか@@
すみません汗。。。
宗教って政治と絡んできたんですよね~
いつの時代も^^;

私も特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、なおさんがおっしゃるように、宗教は一人一人の心の中にあるような、神も仏も己の心の中にあるようなものだと思います。

おしつけられるものではなく、他と争うものでも無いですよね!
まったく同感です^^

いいものだからあなたも信仰しなさいよ~というのはスキではありません^^

いいものであっても自分で判断し、心に置いていればいいものだと思います^^b
チエ URL 2009/05/05(Tue)22:10:55 編集
夜明け前
明るい陽光の下よりも、うっすらと闇の中に隠れ何が現れるか期待の持てる「夜明け前」気持が湧き立ちますね。

時代の流れが変わろうとしていた時、どんな夜明けを待っていたのでしょう

白々と明けていく道筋を信じて、歩みを進めていった藤村の父親!

「道に迷ったら原点に立ち返れ」
全てにいえることですね

今の一時も、次世代の「夜明け前」になるのでしょうか、肝に命じて生きていきたいです
ひまわり 2009/05/01(Fri)23:42:30 編集
長編小説 夜明け前
藤村の夜明け前は、読み応え有りますね。
少年ジャンプを愛読していた木曾の同級生
読んでないだろうな~
活字離れの先駆者だったから(笑)
柔軟性のある日本の宗教観に賛否はありますが、信仰によって過激な行動にでる副作用を
抑えるメリットもあるような気がします。
マンガも文学作品も愛読しますって感じが
囚われなくて良いでしょう(^^)
日田祇園は迫力がありますね!
ゆう 2009/04/30(Thu)23:08:48 編集
いや〜難しいな〜
今回のテーマは難しいですね。
これって、根っこは大和朝廷発足まで遡っちゃう話ですよね。
結局、宗教はどんな宗教でもそうですけど、時の権力者との結びつきがあるんですよね。
領土を拡大する上で民衆を恭順させるさせるために宗教を利用したわけだし。どれが正しいと言うのは無いと思う。元々日本では時の権力者が神仏に帰依することで徳を得て、民を支配して来たわけで、支配者がカリスマ性を得るための一つの手段だっただから、神も仏も表裏一体だったのだと思います。それを、明治になって国策として国家神道を唱え、他を廃絶したのもこれも政策だったわけで、あまり下々とはかけ離れた所であるような気がします。やはり、宗教は一人一人の心の中にあるような、神も仏も己の心の中にあるような気がします。
お仕着せられるものではなく、他と争うものでも無いと思うのです。
なお 2009/04/30(Thu)00:32:55 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  294  293  292  290  291  289  288  287  286  285  284  ≫
HOME
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]