忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
神護寺の歴史です♪


DSC_1034.JPG

「神護寺」の名称には神社を運営したり管理する
意味があります。

ここには、神仏習合という歴史があります。



cde8b8b5.JPG

神護寺の正式名称は
「神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)」
といい、八幡神を祀って国家の鎮護を祈念
する真言宗のお寺です



DSC_1068.JPG

神護寺の山門をくぐると右手に和気清麻呂
霊廟があります。
お寺なのに朱塗りでのような造りですね!
神護寺と和気清麻呂には深い関係がある
みたいです

和気清麻呂は奈良時代から平安時代にかけて
活躍した官僚でした

彼を一躍有名にしたのが
道鏡の宇佐八幡神託事件」でした


そこで、昨年訪れた宇佐八幡についてちょこっと
調べてみました


52a77da1.JPG

京都府・高雄から大分県・宇佐市へ~
宇佐神宮は全国にある八幡神社の総本山
となっています

ここには神社だけれど「八幡大菩薩」が祀られていて、
江戸時代まで神仏習合の象徴的な神社だったそうです。



DSC_0377.JPG

宇佐八幡の伝えでは、八幡神は
九州地方の神様でした



a851e244.JPG

東大寺造営のときに「天神(あまつかみ)、
地祇(くにつかみ)を率いて(総動員して)、
大仏建立に協力せよ。」
と宇佐八幡神は大仏建立の神託を出しました。

昔はによって世の中が造られ、動いていると
信じられていました

神の意志を伺い伝えるという神託が行われて
いたそうです。

宇佐八幡神の神託を宮司に告げて、宮司が
その神託が書かれたものを持って奈良に
向かいました


これを期に宇佐八幡神は「国家神」となって
東大寺にも迎えられたそうです。







DSC_0382.JPG

東大寺・大仏造立の神託以外にも、
宇佐八幡神は神託を出す神様でした。

天皇に並ぶ法王の位にいた僧侶・道鏡について
「道鏡を皇位につけたら天下泰平である」という
ご神託が朝廷へ届けられました



cf597974.JPG

その神託の真意を確かめるために朝廷は家臣の
和気清麻呂宇佐神宮に派遣しました。

すると、「わが国は君臣の分が定まっている。
いまだ臣をもって君となしたことがない。」
家来が君主になることは無い!との新たな
神託が宇佐八幡神から出されました

この新たな神託は朝廷から「偽」との疑念を持たれて
和気清麻呂は流罪となってしまいますが、朝廷と道鏡
の野望
を阻止する事が出来ました



その後疑いが晴れて、和気清麻呂は仏教改革
新たな都・平安京の造営に尽力しました



DSC_1095.JPG

和気清麻呂も宇佐八幡神の神託によって仏教に
帰依
し、神願寺を建立しました
そして墓所はこの地にあった和気氏の菩提寺・
高雄寺に造られました。

その後、神願寺と高雄寺が合わさって神護寺
なったそうです



6d34cace.JPG

和気清麻呂は、江戸時代の末に孝明天皇から
護王大明神」の神号を賜りました

ところが廃仏毀釈によって、和気清麻呂を
祀った廟は京都市に移されて「護王神社
となっています。


ここには八幡大菩薩を祀る社殿はありませんが、
僧形八幡画像が残っています。

この八幡画像を木造で彫刻した像が東大寺
八幡殿に祀られています



DSC_1118.JPG

春の高雄は、秋に落ちた紅葉が新緑となり
新しい生命が生まれたようでした


子どもの頃、絵の具の黄色を混ぜて
作ったことを思い出しました

色の混ぜ具合でいろいろな緑ができました

神道仏教の習合もいろいろな形があります。

明治になって神道仏教は分けられました



でも青色黄色に分けることはできません

一度混じり合った色は元の色には戻せません
ものね!



次は神仏習合の歴史が残る国東半島
行ってみます♪

拍手

PR
≪  299  298  297  295  296  294  293  292  290  291  289  ≫
HOME
Comment
ひまりん♪
ちょいと今回は難しかったですね@@
というか今日の記事もまとまりがなく、ただの歴史記事になってしまい反省ザルです^^

ひまわりさんのご実家は神道だとおっしゃっていましたよね!

色々調べたのですが、資料となるものがほとんど見つかりませんでした(笑)

お粗末くんですがおゆるしください!!

でも、神託(=神のお告げ??)によって物事が決められていた時代があったかと思うと面白いな~なんて思います^^

そのお告げの内容を考える黒子はどんな地位の人だったのでしょうか~~(笑)
チエ URL 2009/05/14(Thu)00:33:03 編集
ゆうさん♪
私も初め、神って存在したの?実在の人物でモデルがいたの??とかどうやって神託を伝えたんだろう@@???
と疑問だらけでした!!!

そのあたりについては書かれていないというかタブーなのか分かりませんが、きっとゆうさんのいわれるように、誰かが「神がこうおっしゃってます~~~」としゃべるとか「なんとかかんとかせよ~~~!」なんてイメージでです^m^
チエ URL 2009/05/14(Thu)00:28:57 編集
無題
八幡様、神護寺から東大寺まで・・・何回か読ませていただくわね!

国の安泰を願って、建立されていった寺院!
その流れを辿ること、とっても興味深く面白いですね!

実家は神道で神社で冠婚葬祭を行っていますが、神主さまにその度ごとにお話をきくんですけど・・・普段は、中学の先生を・・・

色の話も聞いたことが・・>^_^< すっかり何処かへ~

忙しいのに良くここまで・・・理解するまで通いますね♪
ひまわり 2009/05/11(Mon)16:51:56 編集
無題
神のお告げと聞くと、老婆に神がのり移って
喋り出し、そのお告げに周囲の人々が
ひれ伏す場面を連想してしまいます(笑)
東大寺の造営に九州の宇佐八幡が関わっていたのですか?!?!
世の中、何処にご縁があるか分かりませんね
勉強になりました。

「元に戻らない」奥が深い・・・・・
ゆう 2009/05/10(Sun)19:21:06 編集
なおさん♪
今回のテーマは難しかったです@@
神社ってあまり歴史を公開していないみたいなので、資料を探しても見つからなくて^^;

一緒にしちゃったり、前あったものを排除したりって簡単だけど、もしやっぱり戻したいって思ってもそうそう簡単にはいかないものね^^
チエ URL 2009/05/10(Sun)16:42:05 編集
勉強になったよ〜
さすがチエちゃんよく調べてあるね。
勉強になりました。
それに、最後の「一度混じり合った色は元の色には戻せませんものね!」って深いな〜って思いました。
明治に何が起こったのか国家神道として神道を国の国教としてしまった国策にあるのでしょうね。宗教の本質や伝統、文化とは関係無くね。
なお 2009/05/10(Sun)15:37:03 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  299  298  297  295  296  294  293  292  290  291  289  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]