忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
岩戸寺です♪


d528b73a.jpg

仏と神が共存していた国東半島
お寺の入口には鳥居があって
神社の入口を仁王さんが守る!!


3598bae3.jpeg

独特な雰囲気があります。


15f1d271.jpeg

この国東半島の中で一番のスピリチュアル
スポット 岩戸寺を訪ねてみました


DSC_0013.JPG

他のお寺とは何か違うような・・・
一歩一歩進むごとにドキドキしちゃいます



DSC_0050.JPG

国東半島独特の「国東塔
国東半島中に何百も!!
み仏の里らしい風景ですね



548c41cc.jpeg

緑がかった鳥居をくぐって石段を上っていくと



8e76ee42.JPG

岩山のしめ縄が飾られた洞窟・岩屋があります。
中に塔婆がありました。
ここは先祖を祀る場所なのかしら??


DSC_0081.jpg

そして岩屋の向こうに日が射す場所が・・・

岩屋というと、古事記の天の岩屋の話が
ありますね
天照大神がスサノオの行いに激怒して天の岩屋に
入って岩戸を閉じてしまい・・・
この世が真っ暗闇になった!という話です。


岩戸寺の岩屋の向こうには何があるのかなー?

昔話で読んだあの世とこの世の入口だったり
して!?
なんて空想してしまうのも神秘的な半島だから
こそなのかもしれません

国東半島に伝わる「修正鬼会」の鬼はこの岩屋から
現れます。



DSC_0107-1.jpg

ここから現れるは、私たちがよく知っている
悪事をする鬼とは違います

岩屋から現れる鬼とは・・・
ご先祖様だそうです


1340e065.JPG

参道に「蘇民将来 家内安全ノ門」と書かれた木片が
立て掛けてありました。

神話の時代に「将来兄弟」がいました。

そこに、旅をしていた武塔神がやってきて、
泊めてほしいとお願いしたところ、裕福な弟・巨旦将来
は断りました。
対照的に貧しい兄・蘇民将来は粗末ながら武塔神
もてなしたそうです。

後に武塔神は、弟に災いをもたらして弟一族を
滅ぼしてしまいました。

そんな話から、災難に遭わなかった兄に因んで
兄・蘇民将来の名前をつけた厄除けの行事
蘇民祭」が各地で行われるようになったそうです。



DSCN1185.jpg

武塔神は弟・巨旦将来一族を滅ぼしたとき、茅の輪を
付けた娘(弟のところに嫁いだ蘇民将来の娘)だけは
助けました。

「私はスサノオなり、後の世に疫病あらば蘇民将来の
子孫といい、腰に茅の輪をつける者は疫を免れる
であろう」と言ったそうです。

その古事から、災難よけの神事として、茅の輪くぐり
各地の神社で行われています



DSC_0064.jpg

岩戸寺の修正鬼会が行われる講堂です。
本尊・薬師如来の前にも茅の輪が飾ってありました。

武塔神スサノオと同一神とも、朝鮮の神とも、
薬師如来とも言われています。

岩戸寺の本尊・薬師如来も修正鬼会で武塔神
化身して現れるのかも!?



a2fa6faf.JPG

古い言い伝えが土地に溶け込んで、独特な風習を
生み出している国東半島。

何百年も前に人々が大切にしていたことが
形は変わったとしても今に伝わっているって
なんだかロマンを感じちゃいます


不思議な岩戸寺のお話は続きます♪
 

拍手

PR
≪  304  303  302  301  300  299  298  297  295  296  294  ≫
HOME
Comment
ひまりん♪
この岩屋・・・
なんだろうとのぞいて見たら向こうの緑が見えたので思わずパチリ☆
お寺に観光客はだーーーれもいなかったので
なんとなくイイと思ったものを写真に収めて帰りました^^
この岩屋にこんなストーリーがあったなんて~と驚いています@@

茅の輪☆くぐって災難をふとばしてください~^^
私、今年は「八方塞がり」の年だとか!
笑って吹き飛ばすしかないですね^3^~♪
チエテラスオオミカミ URL 2009/05/22(Fri)11:38:29 編集
ゆうさん♪
蘇民祭 
某ポスターで有名になって初めて
しりましたが@@
厄除け行事ということも今回初めて^^;

貧しいけれど、気持ちで対応したいという兄の心があったかいですね^^
チエ URL 2009/05/22(Fri)11:34:20 編集
なおさん♪
すごいでしょう~
このお寺!!
2泊3日の大分旅行でどこを見るかを考えたときに国東半島にはお寺がありすぎて、正直どこをチョイスしたらいいのか悩みました><
岩戸寺が2話出来るほどネタがあるなんて
知らずに訪れましたよ~~^m^

入るときは気付かなかったのですが、岩戸寺を出るときに振り返ったら脇に仁王サンと鳥居があったので思わず「切り撮って」おきました^3^~♪
チエテラスオオミカミ URL 2009/05/22(Fri)11:29:13 編集
神話ってだいすき!
岩屋、怖さより好奇心で覗きたくなってしまいます!
山門の鳥居、仁王様。奥へと続く階段・・
スピリチュアルスポットはかなりのパワーがありそうですね
其々の写真に何かを感じてしまいます

大きな茅の輪もくぐるのが躊躇われそう、なんだかかなりのスポットのよう
今からくぐっても間にあうかしら・・・

ひまわり 2009/05/22(Fri)01:47:26 編集
神話がいっぱい
茅の輪くぐりは、神社で行われる夏の風物詩ですね。その茅の輪が蘇民祭と関係があったんですか!
「貧しい兄が、粗末ながらももてなし」
いつの時代にもある話ですね。
裕福な人のもてなしよりも心がこもっていて
感謝して頂けますね(^^)
赤鬼の写真は、迫力あります(o|o)
ゆう 2009/05/21(Thu)10:40:49 編集
神話が似合うお寺
仁王像や鳥居からして、このお寺の歴史を感じますね。
京都のお寺が平安時代、大和朝廷が天下を平定した後に創建されているのに対して国東は本当に神代の時代からの神話が似合う、雰囲気が漂うお寺ですね。すばらしい!
絵になる風景がいっぱいありそうですね。
行って見たいな~。
なお 2009/05/20(Wed)10:19:00 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  304  303  302  301  300  299  298  297  295  296  294  ≫
HOME
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]