忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
楠原教会☆人が人を裁くということ・・・です♪


29c26bae.JPG

長崎各地で行われた隠れキリシタン
取り締まる「崩れ

五島では明治元年に始まりました。

久賀島を皮切りに、五島列島各地で
キリスト教信者が捕まったのです


lrg_14404133.jpg

久賀島では、200名の信者が捕まりました

そして、厳しい迫害が行われました。

わずか6坪の牢屋に全員が押し込められた
のです

8ヶ月間の密集地獄・・・

座ることさえ許されないのです。

幼い子も含めて42人の命が奪われました。

この話を聞いたとき、迫害の悲惨さに言葉を
失ってしまいました

現在は牢屋の跡に「牢屋の窄教会」が
建っています



f0040201_23433141.jpg

なぜ、大禁教令を出した江戸幕府が倒れても
激しい弾圧が続いたのでしょうか?

遠藤周作の小説「沈黙」の中で描かれた迫害
よりももっと悲惨な現実があったように思います。

人間が人間を裁くことの恐ろしさを強く強く
感じました


080957a8.JPG

厳しい弾圧があった江戸時代明治の初め
どちらも時代の節目のときでした。

どのように時代が変化するのか
変化に取り残されてしまうのではないか

五島の役人は、先の見えない不安から、
信徒への迫害をエスカレートさせたのでしょうか



009dc8ad.JPG

五島のキリシタンは次々に捕まり、楠原でも
厳しい弾圧が行われました。

それでも棄教する人は一人もいませんでした。


789910e7.JPG

弾圧の歴史を遺す楠原の牢屋は保存されて
いました。

屋内には、最後の晩餐の絵画と十字架の
イエス

そして聖母マリアの胸像が飾られています。

ここで信徒はゲッセマネでのイエスと同じように
死の恐怖と闘ったのでしょう。

殉教をも覚悟した辛い日々だったのでしょうね。

言葉にならない感情が胸を貫きます。

弾圧は3年の年月を経て終わりました。



DSC_0221.jpg

迫害を乗り越えた人々には、信仰の自由
待っていました
明治6年になって禁教令は廃止されました

その後、隠れキリシタンの人々は
カトリックの信徒になった人、
カクレキリシタン」として先祖からの風習を
守った人、
仏教徒となった人
とそれぞれ違う道を選んだそうです

島の人々との融和を考えて仏教を選んだ人も
いました。


DSC_0231.jpg

牢屋から解放されたときには、先祖から築いて
きたものを全て失っていました
弾圧が終わっても苦労は続いたそうです。




cc497ab6.JPG

明治44年創立の楠原教会です
牢屋から出された信者が、こつこつと30年かけて
浄財と奉仕で建てたそうです

積み上げられたレンガが信仰の歴史
感じさせますね



eecedcbe.jpg

苦労の末に完成したときの喜びは何にも
代えがたい、ものだったでしょう。

静まりかえった堂内に歓声が聞こえてきそうです



e0dab8e8.JPG

島の人々は、太陽の下で祈りを捧げることが
できるようになったのです

高い天井は信徒の気持ちそのものに思えました

人々が駆け抜けた厳しい時代を、
そして人々が味わった信念を貫ける喜び
想いながら目を閉じてたたずんでいました



3b1cc271.JPG

大村領・外海から海を渡ってきた五島の
隠れキリシタン


DSC_0248.jpg

彼らの歩んだ道は険しいものでした

その険しい道を乗り越えて、

今は信仰の自由の中

本当の意味で、静かに信仰の日々を
送っていることでしょう
 

拍手

PR
≪  314  313  312  311  310  309  308  307  306  305  304  ≫
HOME
Comment
イチゲンさん♪
イチゲンさんのコメントは深いですね・・・
世の中に宗教がなかったら・・・?!
うーんどうなんでしょう。

私は宗教の根本は「和を持って、みな仲良く」というものだと思っています。
そうゆう精神は世の中で必要じゃないかな~
宗教があるからこそ道徳もあるのだろうし・・・
ちょっぴり難しいテーマですねえ@@
チエ URL 2009/06/25(Thu)13:26:23 編集
まめちゃん♪
まめっち♪
いつもコメントありが㌧!!
人が人を評価か・・・

良かれと思ってしたことが相手には負担になってしまったり、期待するあまり相手に多くを求めすぎてしまったりってあるよなーって思う。

いつも突っ走ってる人は、たまにはゆっくり進んでみてもいいかもね。

まめちゃんのコメントは私にとっては、いつもとっても深いよ!
ありがとうね^^
チエ URL 2009/06/25(Thu)11:47:03 編集
なおさん♪
なおさんのポイントはするどいですね~~!
人が人を裁くってことは、慎重に行わなければ悲惨な結果を招くことにもなります。
先日冤罪と報道された方も、私たち傍観者には何が真実がどうかって分かりませんよね。
犯罪をなくすことも必要ですが、起こってしまったことを解決していくことにも力を入れてもらいたいですね。
被害者や被害者家族への配慮もほしいですね^^
神道以外は排除~~!!って結構コワイことだよな~~って思います。。。
それぞれの考え方もありますし、国をひとつにまとめたい気持ちも分かりますが、今の自由社会に生きている私たちにとっては不思議な感覚ですよね!
チエ URL 2009/06/25(Thu)11:43:50 編集
shinさん♪
五島列島を訪れたのは西の果てに沈む夕日を撮りたかったから!
でもそれだけではなくて、人が同じ人をここまでするのか?!ということを取材し、記事にしたかったからです。
それには、やはり自分の目で確かめたいところもありましたし、また、見てこないといけないという思いもありました。

それはヒロシマ、ナガサキ、NYも同じです。
バチカンのクリスマスミサは若干ミーハーな気持ちもありましたが、信仰に対する人々の想いのようなものが垣間見れたようで、とてもいい経験になりました。
日本にも「いい寺」がいっぱいいっぱいあるハズで、知られていないけど、イイんだな~~ってお寺を発掘して行きたいと思っています☆
チエ URL 2009/06/25(Thu)11:35:29 編集
ひまわりさん♪
ひまわりさん 御返事が遅くてすみません><
毎回コメントを楽しみに拝見していますよ~~!!
御返事もしっかり書きたいので、なかなか時間が見つけられずに申し訳ない気持ちでいっぱいです@@汗

さて、私もいいとこ取りしたい欲張りな性格なので、自分にとってプラスになると思う考え方は取り上げていきたいと思っています。

なので、宗教が原因で(他を認められなくて)起こる闘争は、到底考えられません・・・

権力を持つ人にとって、一つのビジョンを持った集団が味方に付けば心強いのですが、そうではない場合、なんとか排除したりしたくなるのでしょうねー@@

先日観た武装解除(DDR)に取り組む日本人女性を追った番組が今も印象深く残っています!
チエ URL 2009/06/25(Thu)11:29:02 編集
宗教って?
宗教を通して、悲しみや笑いや怒りを感じる事って沢山ありますね 
宗教は世界各地に色々ありますが、もし宗教が世の中に存在しなかったらどうなったでしょうか?
宗教戦争は違う名称に変わるだけで争い事は無くならないでしょう 
畏敬の念が無ければ、もっと速く環境破壊が進むでしょうね 
もしキリストに巡り合わなかったら、苦難の道を歩まずにすんだでしょうか?
こんな考え方すると、宗教の本質が見えてきます。
これは、私見ですが・・・・・ 
イチゲン 2009/06/09(Tue)22:29:42 編集
無題
本当に、想像をはるかに超える弾圧があったんだね。。言葉に詰まる

私も最近思う。人が人を裁く。。。
そこまで大きな話じゃないんだけど、
人が人を評価する。。。
もっと言えば、自分が人を評価し判断する。。。自分がどれだけの者なんだ。。って思っちゃったり。。。考えすぎ?!
そう思っていろんな事受け入れちゃって、キャパオーバーしちゃってるんだけどね。。。
(爆)
いつも内容飛んだコメでごめんなさい!

まめ 2009/06/09(Tue)16:41:54 編集
悲しい歴史ですね
そんなことが有ったのですね。
歴史上は残ってませんが、明治維新時に廃仏毀釈に見られるように、神道以外の宗教を弾圧したようですね。日本史の教科書では触れられない部分ですよね。
おそらく、明治になった当初天皇を神格化して、国をまとめようとしたものでしょう。その頃は旧武士階級の不満が溜まっていてクーデターもあった時代ですから、新政府の威信を築くために、紀記の時代のように、天皇家を天津神の子孫とした神道以外を廃絶しようとしたのでしょう。
人が人を裁くというのは非常に重い命題ですね。今の時代も裁判員制度が始まったように我々一般庶民が人を裁く機会がありますが、国が庶民を煽り、集団で弾圧をすることがどんなに残忍な事態を招くか、悲しい悲しいお話ですね。
なお 2009/06/09(Tue)10:42:47 編集
信仰の自由を手にする厳しさ
歴史が物語る計り知れない宗教への弾圧
引き継がれる事実の伝承

自由な現在、信仰というものに真剣に向き合っていないような気がする。
弾圧や迫害があっても信仰を止めない意思の強さ・・・私に出来るだろうか?

この五島列島シリーズは、隠れキリシタンの歴史を振り返りながら、何かを訴えかけているようですね。
shin 2009/06/09(Tue)00:03:04 編集
無題
力のある人にとって「神の元に皆平等」とされるキリスト教は脅威だったと思うし、異教徒としてみる目が強かったんでしょうね

世界の主たる大きな戦争は宗教の対立が根っこにあるために激しい憎しみを伴いますね

3大宗教の聖地、エルサレムが良い例ですね

日本のように八百万の神を頂く私達には到底解らないですね
異教徒はそれほど憎しみの対象になってしまう宗教は難しいとしか・・・
ひまわり 2009/06/08(Mon)23:58:17 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  314  313  312  311  310  309  308  307  306  305  304  ≫
HOME
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]