忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
大浦天主堂☆弾圧と信仰の自由です♪


edefbff7.JPG

キリシタンの殉教地を巡るきっかけとなったのが
山口・萩のキリシタン墓地でした。

この墓地が明治のキリスト教弾圧で殉教
した人々のものだと知りショックを受けました

明治になっても弾圧が続いていたとは
知りませんでした。



353aa862.JPG

吉田松陰と門下生の活躍で、新しい時代が
開かれた明治維新の中心地で・・・



f6eca739.JPG

日仏通商条約によって、フランス人のための
居留地に建立した大浦天主堂です

江戸時代の終りに、時代の変化を象徴する
カトリック教会ですね

正式名は「日本26聖殉教者天主堂」と
いいます。



3a8dd6d1.JPG

天主堂建立に尽力したフランス人宣教師
プチジャン神父です



fa3ae07c.JPG

禁教令下の長崎で布教活動はできません
でしたが、キリシタンの存在にかすかな期待を
込めて「天主堂」と漢字で書かれた額をかけた
そうです


1002d23a.jpg

創建した外観に、地元の人は大変驚いた
そうです。
天主堂は見物人で連日にぎわい、「フランス寺」
と呼ばれ、人々の中で噂が流れ始めました。

フランス寺へ行けば、サンタマリアに会える



DSC_0065.jpg

そして、プチジャン神父の期待が現実のものと
なりました

ある日、数人の日本人が天主堂を訪れて
その中の女性が胸の十字架を指して、
「ワタシノムネ、アナタノムネトオナジ」
「サンタマリアノゾウハドコ?」
とプチジャン神父に尋ねたのです。

これが禁教令によって絶たれた信者との再会でした。

信者発見の知らせは、すぐにバチカンへ伝えられ
ました



6199128d.JPG

その後、多くの潜伏キリシタンが天主堂を
訪れました

そして、プチジャン神父も各地を訪問して
潜伏キリシタンに洗礼を行ったそうです



816860ab.JPG

フランスから信徒発見を祝して贈られた
マリアさまです

洗礼の喜びが大きなうねりとなって、
各地で信仰の告白が始まりました。

しかし、まだキリシタンにとって、信仰の自由は
遠い存在でした。

信仰の告白が、大規模な弾圧へと進んで
いきます

捕らわれた信者は、萩、金沢、名古屋など
各地へ送られます
離れ離れに抑留されて、棄教を迫られました

その後、欧米各国の働きかけによって弾圧は
終わり、信者は自由の身となって長崎に
戻りました




a77f7cf5.JPG

長崎に戻った信者は、自分たちの手で聖堂を
造ることを決意しました
そして、浦上にも天主堂が造られました



DSC_0514.jpg

浦上天主堂の花壇には、で使用された
拷問石が置かれていました

最後の弾圧を記すものとして、萩から送られた
そうです。
萩で殉教した信者の墓も同じ拷問石を積み上げた
ものでした

苦難の歴史の中から何かを学んでほしい」との
願いでしょうか・・・

この浦上天主堂には、人間の大きな過ちの傷跡
今でも残っています。


次は、浦上天主堂に残る傷跡を訪ねてみます

拍手

PR
≪  342  341  340  339  338  337  336  335  334  333  332  ≫
HOME
Comment
ゆうさん♪
歴史をたどりながら教会めぐりも
いいですよ~
私が訪れたときはちょうど教会で
合唱団の方が賛美歌を披露されて
いました。
教会で賛美歌♪とっても雰囲気が
ありましたよ~!

もちろん大浦天主堂へ続く坂道で
食べ歩きをしましたよ~~^m^
そこは外せませんね!!
チエ URL 2009/08/11(Tue)14:50:01 編集
なおさん♪
素晴らしすぎる補足をありがとうございました(笑)

昨日NEWS ZEROで長崎の高校生が
被爆者の声を絶対に伝えていかなければならない!それが出来るのは長崎にいる私たちだと語っていたのがとても印象的でした。

私も微力ですが、このブログにたどり着いた方に
伝えていきたいですね~
チエ URL 2009/08/11(Tue)14:44:43 編集
shinさん♪
小学校の修学旅行で行かれたのですね^^
私は長崎は今回が初めてでした。

しかも、五島列島も祈りの島でしたけど
長崎ってこんなにも宗教色の強い町だと
いうことに少し驚きました。

もうひとつの原爆の町というイメージ
だったのですが!
チエ URL 2009/08/11(Tue)13:00:55 編集
歴史の町
長崎といえば、出島にグラバー邸に長崎ちゃんぽん、そして雨の長崎を連想します。
教会は二の次でした<(_ _)>
が、キリシタンの歴史を知らずに長崎は語れませんね。
一連の話でキリシタンの歴史がよく分かりました。

歴史を辿る教会巡りも良いですね。
ゆう 2009/08/04(Tue)23:06:18 編集
自由とは
日本という国は江戸時代までの封建制度の中で支配する者とされる者が固定化しているのが当然であったのでしょうね。
支配する者は自分たちの都合の良いように支配される者を操っていたのでしょう。その道具の一つとして宗教があり、支配者の都合の良い宗教は残され、外来のキリスト教は弾圧されたという事ではないでしょうか。
実際、明治政府も外圧があったからこそ宗教の自由を認めましたが、明治維新自体は王政復古でもわかるように決して民衆革命ではなかったので、キリスト今日のような宗教は弾圧が続いたのでしょう。
私は決して、死を美化したり、死んだ人を神格化する事が正しいとは思っていません。しかし、そのような犠牲者の積み重ねの上に今の自由で平和な日本があるわけです。ですから、そのような先達に対しての敬意は払うべきであると思います。
私たちもこの貴重な自由や平和は守っていかなければならない貴重な物であることを自覚しなければならないと思います。
そして、日本から全世界に、自由や平和を広げて行くそういう役割が私たち日本人に与えられていると思うのです。それは、唯一の被爆国として、広島や長崎の悲惨な経験を訴え続けていかなければいけないのでは無いでしょうか。
どんな状況においても、無差別の大量殺戮兵器を使用することが罪であることを世界中の人に理解して貰わなければと思います。
なお 2009/08/04(Tue)11:27:42 編集
知りませんでした
大浦天主堂に正式名称があったなんて!
それも「日本26聖殉教者天主堂」とういう大変堅い名称が・・・

小学校のころ就学旅行で行ったのが初めてで、その後何度か長崎に行きましたが。

長崎かあ、もうすぐ忘れられないあの日ですね。
shin 2009/08/04(Tue)02:20:48 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  342  341  340  339  338  337  336  335  334  333  332  ≫
HOME
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]