忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都 大徳寺の塔頭寺院 總見院です☆

洛北 紫野にある大徳寺お茶の千家に縁のあるお寺です。
現在ある22の塔頭寺院には40以上の茶室があるそうです。


f1c0519e.jpg
ここは名古屋大須の總見寺と同様に信長の菩提寺です。
清洲の總見院とは名前も同じですね。
一時期は修行するための禅堂もあったそうです。




f28d4b39.jpg


織田信長の葬儀は一週間かけて盛大に行われたそうです。
このお寺は豊臣秀吉が信長の一周忌法要に合わせて
建立しました。
明治になって旧建物は壊されてしまい創建当時のものは
表門土塀だけです。



0b0b7fda.jpg


他の塔頭寺院に比べて境内が質素な感じです。
山門をくぐって左側に本堂があります。
堂内には一周忌法要に合わせて作られた
信長公の木像が祀られています。


9291da7f.jpg


境内には織田家一族のお墓が並んでいます。
お墓の主は同じでもお寺によって石の形は違いますね。




bdf0d6c4.jpg


中央が織田信長のお墓です。
・・・と言っても信長の遺体はありませんから、
秀吉は木像の信長像で葬儀を行いました。
香木で彫った木像を荼毘(火葬)に伏したので、
炎とともに香薫が漂ったそうです。
大須の總見寺では愛刀がお墓に納められていました。



069485c1.jpg


門をくぐってすぐに茶筅塚があります。
使い終わった茶筅を納める塚です。
茶の湯と関係の深いお寺ですから大切に祀るのでしょう。
花入れが茶筅お供え入れがお茶碗の形をしています。

ここで毎年茶筅供養茶会が行われます。
茶会の行われる日を釜日といい、入口に在釜と書いて
掲示します。
總見院の釜日は4月28日です。

毎月28日は千利休の月命日という事で、菩提所の
聚光院では法要が行われ、塔頭寺院の何箇所かで
釜がかけられます。
どこも1000円納めれば大寄せの茶会に参加できるので、
茶の湯を学ぶ者には良い勉強の機会となりますね。


605a67b4.jpg


秀吉千利休から譲り受けて植えたものだと
伝えられています。
ワビスケ椿は花が小さく早春から咲き、
茶花としてもよく用いられる椿の園芸品種です。
この木はこの品種の現存する樹齢400年の
最も古い個体だそうです。


bca28b3c.jpg



こんなにかわいい花が咲きます



14194ee3.jpg


裏手に回ってみると井戸がありました。
加藤清正が朝鮮から持ち帰ったとされるものです。
大きなひとつの朝鮮石で彫りぬかれた掘り抜き井戸です。
今でも水が湧き茶筅供養の茶会でもこの水を使用します。
機会があったら私も一服頂きたいですね


5b43ffb5.jpg



境内から見る鐘楼です。
この鐘楼も創建当時からのもので信長の家臣から
贈られたものです。
この鐘の響きで主君のもとに気持ちを伝えようと
したのでしょうか。
各地に菩提所が出来たのは、織田信長を慕う人々が
それぞれに心のつながりを保とうとした結果だったのですね。

次は大徳寺山内を散策してみます

拍手

PR
≪  40  39  38  37  36  35  33  34  32  31  30  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  40  39  38  37  36  35  33  34  32  31  30  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]