忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
NYの韓国寺院☆一杯のお茶の魅力です♪


aa454328.jpg

食事の後はキムさんが中国式の茶器でお茶を
入れていくださいました



d5a4350d.jpg

韓国のお茶(緑茶)の歴史は古く、仏教の隆盛とともに
発展してきました



DSC_0854.jpg

新羅時代には王家やお寺などでお茶を楽しむ風習が
定着し、国家的な行事のために茶房という官職が
設けられました。

町にはお茶を楽しみながら休息を取る茶店がある
ほど庶民からも親しまれ、優れた青磁の茶器
つくられたのもこの時代です



a247772c.jpg

朝鮮王朝後期になると儒教が重んじられるように
なり、緑茶文化が衰退し、果物漢方を使った
韓国の伝統茶が飲まれるようになっていきました



DSC_0858.jpg

桑の葉のお茶です

桑の葉は古くから中国をはじめ日本でも多く
用いられ、臨済宗の開祖・栄西禅師も飲用
していたそうです。

桑の葉の効能には血糖値や血圧上昇の抑制、
滋養強壮、高血圧、糖尿病などに良いといわれて
います

その他ビタミン、ミネラル、クロロフィル等が豊富で
バランスよく含まれている為、野菜不足を補うのに
最適ともいわれています



25d099b3.jpg

特に戒律が厳しい曹渓宗の中で修行をしてきた
尼僧さん。

本来の仏教を伝えるためにニューヨークにやって
きました

厳しい修行を続けつつ、中庭でのひとときも大切に
されています

一杯のお茶が張りつめた心を和らげてくれますね

ニューヨーカーは時間に追われるような生活から
スイッチをオフし、癒しを求め禅(ZEN)の中に身を
置くのです

しかし、ニューヨークチョゲサの一番の魅力は
尼僧さんの笑顔だと思います!

厳格な雰囲気のお寺を想像していましたが、
マンハッタンの中で温かさを見つけることができました

温かく迎えて頂き感謝です

拍手

PR
≪  365  364  363  362  361  360  359  358  357  356  355  ≫
HOME
Comment
ひまわりさん♪
ひまわりさん^^
お久しぶりです♪

心と心で戴くお茶!
うんうん^^♪
おっしゃる通りですね~!!

日本のお寺ではこんな風に住職さんと
過ごす時間ってないですものね!

貴重な経験ができましたよ
あとは英語の問題ですね~^^;
チエ URL 2009/12/10(Thu)11:20:48 編集
りんちゃん♪
りんちゃんこんにちは~~~!!
お久しぶりです^^
さて。。。昨年断念したパリにいよいよ
来春行きますよ~~~!
りんちゃんの旅行記でお勉強させてね~~^^
チエ URL 2009/12/10(Thu)10:56:32 編集
ゆうさん♪
桑の葉茶はクセもなく飲みやすかったですよ!
薬膳っておいしくないけど、体にいいと信じないとムリですよね><
チエ URL 2009/12/10(Thu)10:55:16 編集
なおさん♪
尼僧サンはとっても笑顔の素敵な方でした。
しかし、戒律は厳しくそれをストイックに
守っていらっしゃるとても凛とした方でしたよ^^
せめて自分に甘くならないよう自分を正したいですよね~@@;
チエ URL 2009/12/10(Thu)10:53:29 編集
無題
心と心で戴くお茶は、仏教の修行の一つでもあるのでしょうね!
いただく人を思いやり、丁寧に入れるお茶は禅寺の食事を作る典座に繋がるように思います
修行は、掃除から座禅、托鉢と厳しい物が浮かびますけど生活一般が修行になるとか・・・
長い病で苦しんだ人も、病そのものが修行に・・
命と向き合った人は何処か違うのはそこなんでしょうね!
日々の暮らしの中で、一所懸命生きていることを笑顔の尼僧の方が、深く思いやってくださったように感じました
ひまわり 2009/10/23(Fri)01:27:37 編集
素敵なお茶時間ですね
ご無沙汰しています。
NYの喧騒を忘れさせてくれる
いいお茶時間だったのでしょうね♪

いい町.net
素敵なネーミングです。
りん URL 2009/10/21(Wed)17:53:07 編集
笑顔が一番
食事の後のひと時もまた良いですね~
食後のお茶は、お腹の中を整えますね
桑の葉のお茶は未体験です。
中国といえばプーアル茶、爽健美茶・・・・
韓国といえば高麗人参茶かな???
昔、名古屋の片田舎・今池の高麗人参ラーメン屋に行ってスープに沢山エキスを入れた記憶があります。
身体のためと思って通いました。
効果はなかったです・・・・
皆さん健康的な笑顔が羨ましいなぁ~
ゆう 2009/10/20(Tue)22:31:36 編集
厳しさと優しさ
人に優しくと一口に言いますが、難しい命題ではないでしょうか?
優しさってなんなのでしょね。優しいと甘やかすとは違うし、厳しさといじめとは違いますよね。
自分に甘い人がいくら人に厳しくしても人はついていかないですよね。
自分に厳しいから、説得力がある。
また、そういう人が言うから、優しさに受け取れるのではないでしょうか。
言う側も自分に厳しい方が余裕があるというか、人に優しくできるような気がします。
人に対して寛大になれるというか、キャパが広くなって人のことも受け止められるのでしょう。
この尼僧の方も厳しい修行があればこそ、関わる人に対して肝要になれるのでしょう。
修行を通して、自信の心を律していらっしゃると思います。
そうありたいですね。
なお 2009/10/20(Tue)11:03:48 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  365  364  363  362  361  360  359  358  357  356  355  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]