忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
大飯町岡田の「若州一滴文庫」です♪



6ed1a017.jpg

雪晴れの若狭・大飯町(現おおい町)
水上勉の生まれ故郷・岡田へ向かって竹林の小道を
歩いて行きました



40f0956c.JPG

若州一滴文庫」は作家・水上勉が地元の児童に
自身の蔵書を解放し、本に触れてもらうために
造られた施設です



56c111fe.jpg

貧しい生活のなかで家には電灯が無く、本が
読めなかった水上勉は京都での寺暮らしから
離れて、好きな文学の道に入り、人生の夢
拾ったそうです



DSC_0023.JPG

その恩返しにと子供たちへ蔵書を解放して、本から
何かを拾って人生を切り開いて欲しいと考え、この
思いが子供たちに届くことを願いました



4566d370.JPG

ここには、昔を偲ぶ茅葺き屋根の古民家があり



6adac6c5.JPG

暖を取る懐かしいダルマストーブが活躍して
いました



421fdcee.JPG

温かいそばを頂いてから施設内を散策しました



DSC_0059.jpg

先日訪れた飛騨高山では、雪深い町に住む方々の
御苦労を目にしましたが・・・

冬の厳しい自然も雪晴れの日には、静かな時を
過ごせますね



de4f6b83.JPG

本館には水上作品にゆかりの深い作家の絵画作品
ギャラリー
や約2万冊の蔵書、若狭出身の禅僧
顕彰する資料が展示してありました。

若州竹人形ギャラリーには、水上作品の登場人物が
竹人形となり本から飛び出し、文学作品が立体的に
感じられます




ebabcb72.jpg

水上勉が心打たれた大飯町大島出身の禅僧・
儀山善来

大島は井戸水だけが頼りの枯れた土地でした

和尚は岡山の修行道場で
一滴の水も粗末にしないで活かすように」と
弟子達を指導しました

その教えは脈々と流れ大河となって、作家・夏目漱石
禅学者・鈴木大拙へと伝わり、「曹源の一滴水」として
今に受け継がれています。

これが「若州一滴文庫」とついた名称のいわれです



DSC_0050.jpg

竹の紙に書かれた言葉が飾ってありました

水上勉は晩年「竹泥山人」と号し、地元の赤土を
掘って茶碗などの作品を焼き、竹紙をすいて絵を
描く活動をしていました

大飯町・佐分利出身の渡邉 淳(すなお)は水上勉の
「わが山河」の装丁を手がけたのを手始めに、以降
水上勉著作の70冊に及ぶ装丁を担当しました。

水上勉の著作の挿絵を描き、若狭「一滴文庫」の
創設に参加し、館内には竹紙に描かれた「昨秋」
「ランプの詩」と素晴らしい作品があります。



ffcb1c26.jpg

若狭の自然が、自然のぬくもりを感じさせる陶器と
なり、竹の和紙は独特のあたたかみを感じさせる絵
となりました。

水上勉は、故郷の自然に生かされていることを
肌で感じていたのでしょう。



e79397ee.JPG

水上勉は一滴文庫の開設に自ら汗を流し整備に
あたったそうです

文学にとっての一滴の水

一冊、一冊の本を活かすために、子供たちへの
夢を託してのことだと思います



29fbe9cf.jpg

トンネルの向こうに光が見えてきました

自分にとっての「一滴の水

見つかるかしら!

拍手

PR
≪  389  388  387  381  383  386  385  384  382  380  378  ≫
HOME
Comment
生きると言う事
この記事、生きると言う事を考えさせられますね。
人間誰しも一人では生きていけない。どんなにスーパーマンのような人であっても誰かが支えているからこそスーパーマンでいられるし、誰しもが生かされていると思うんですよ。ですから、自分ひとりで生きているというのはその人の傲慢であると思います。
そもそも、私達はこの宇宙の中で奇跡のような条件がそろった地球という天体があればこそ生きていけるわけで、地球に生かされて生活しています。地球の大地、水、空気を食み、むさぼることでした生きていけない動物です。
水上勉や渡邊淳は郷土の子供達に生きると言う事を教えたかったのかもしれませんね。
人間には、色々な立場があり、それによって目指すものがありますよね。
職業人として、人の親として、目指すものがありそれに伴う欲望も当然ある。しかし、究極は自分が人間として目指すところは何処なのか。その答えを見つけるのはものすごく大変なことのように思えます。
このことは、いつも心がけていないと流されて生きて行くこととなるのかも知れません。
難しいな~。
なお 2010/01/18(Mon)09:36:40 編集
雪と水上文学
水上勉氏は、子自分のお子さんもたしかポリオか何かで、時の首相に「拝啓、総理大臣様」と田中総理に直談判を・・・

ギリギリの貧しさのなかからも必死で生きる人達の生き抜くことの厳しさなかにも、女であること人間であることも忘れずに・・・

自分にとっての「一滴の水」・・・
ゆっくり見つけてみたいですね
ひまわり 2010/01/16(Sat)23:40:39 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]