忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
手織り・由布衣工房と自然染料です♪

高山散策の後は匠の町飛騨古川を訪れました


560ed34d.JPG

飛騨にゆかりの薬効のある自然染料で染めた糸を
使用した手織りの製品が展示販売された工房を
見つけ入ってみました



174d8200.JPG

かわいらしいイヤリングもありましたよ



428afc5a.JPG

私はこのチェックのようなモダンな織物に目を
奪われてしまいました

木の端からこんなにも美しい織物ができると
知りとても驚きです




b19f8a36.JPG

飛騨地方では朴葉味噌、朴葉焼きとしてよく見かける
ですが、染料として使うそうです

葉には芳香があり、殺菌作用があるため食材を包み、
生葉は和厚朴といい、煎じて腹痛の痛み止めなどに
用いられます



b57f80b5.JPG

は茶色の色を出すときに使うそうです
木材は腐敗しにくく、鉄道の枕木や家屋の土台などにも
使われています
乾燥させた葉は漆かぶれや火傷にも




9ce5e90a.JPG

一枚の手織り布ができるまでにはたくさんの手間
時間がかかるそうです

まず糸を紡いで汚れを煮て取ります。
染材を煮出し、思う染め色になるまで何度も繰り返し
染めます

細い糸が切れないよう糊付けをし、デザインを考え
糸を準備し丁寧に丁寧に織ります

縦糸の糊を落とし、縦糸と横糸をなじませ、蒸気をかけ
風合いを整えたら完成です




4ec1417c.JPG

その昔、はた織が当たり前だった頃、女性は赤子を育てる
ように、家族のために慈しみながら布を織ったそうです。

こちらでははた織りや糸紡ぎの体験もさせて頂けます



5acf4ba9.JPG

昔から薬草や食料として暮らしの恵みであった
自然染料

その色もまた、身にまとい、病を防ぐという
生活の智慧を生み出しました。

丁寧に教えてくださったのは飛騨古川出身の
染織作家の河合由美子さんです。
笑顔のとても素敵な方でした

自然から生きるための栄養 薬 知恵・・・
いろいろな恵みを頂いているのですね!

それがはっきりとした形で見えないので私たちは
自然をおろそかにしてしまうことがあります

自然から「恵みを頂く」感謝の気持ちをいつまでも
持ちたいですね



cfb86a9a.JPG

深紅の織物はお正月らしくとのこと

晴れやかな気分にさせてくれますね



DSC_0217.JPG

飛騨古川でも素敵な出会いがありました

数寄屋づくりの素敵な工房に是非立ち寄ってみては
いかがでしょうか


(手織り由布衣工房)
飛騨市古川町壱の町5-12
電話:0577-73-7066

拍手

PR
≪  402  401  400  399  398  397  396  395  394  393  392  ≫
HOME
Comment
先人の智恵は素晴らしい
朴葉に殺菌作用があるのですか?!
朴葉味噌は理にかなった保存食ですね。
ちなみに竹の皮でおにぎりを包むのも一緒の考えです。
でも今は朴葉でも竹皮でも包んだ食品を必ず
ビニール袋に入れて密封し、ご丁寧に酸化防止剤まで入っています。そして、消費期限!
食の安全って何でしょう?
レジ袋よりパックやトレイの方が石油つかってるよなぁ~と思ってしまいます。

総理もゼニアの生地より、ここの織物を羽織って環問題の提言してみたら良いのに(笑)

食料も染料も
昔から伝わる物は奥が深いですね
ゆう 2010/03/14(Sun)23:27:38 編集
本当の仕事は・・・
最近、これからのことを考えていろいろ始めたり集めています・・・老後の楽しみ(~_~;)
こんな、自然色での染付けや静かな所での機織はあこがれますね

とっても優しい笑顔が、佐野作品にたいする満足度や愛情が感じられる女性で・・・

持っているだけで幸せになれそう!!!
今のこんな時代だからこそ、外へ外へと目を向けず、山深いせせらぎと美味しい空気が出す「色」の世界に身を置きたいです
ひまわり 2010/02/25(Thu)15:26:48 編集
何か心温まる色合いですね
自然染色の色合いは草木を顔料としているので優しく心温まる色合いですね。
科学染料には出せない、色合いです。日本の伝統色は465種類もあるそうですがそのほとんどが少し抑え気味のトーンで自然の染料の色合いで凄く微妙な色合いの違いも区別されているのにはびっくりです。
色の名前も粋な名前がつけられています。
この、和色名や色合いの繊細さ日本の文化の象徴のような気がして、こういう伝統を後世に正しく伝えて行くことが大切だなと思います。
なお 2010/02/23(Tue)11:05:10 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  402  401  400  399  398  397  396  395  394  393  392  ≫
HOME
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]