忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
京都 醍醐寺にある三宝院です☆


ここは真言宗醍醐寺派の総本山です。
貞観16年(874年)に創建して醍醐天皇の時代に
伽藍が整えられたそうです。

醍醐というと「醍醐味」という言葉を思い出しますね。
醍醐」とは、今でいうチーズのようなものだそうです。
牛乳を精製していく5段階目で「これ以上はありませんよ!」
ということで最上級の味を意味するそうです
凝縮して余分なものを捨てていきますので、盛り沢山に
飾られたものは「醍醐味」とは本来言いません。


6e70d05b.jpg

千利休は庭の朝顔の花を全部摘んで一輪だけ床の間に
飾り、豊臣秀吉を招いたそうです。
これが千利休の示した茶の湯の醍醐味かもしれませんね


3fd6be41.jpg

醍醐寺は応仁の乱で焼失した後に豊臣秀吉によって
伽藍と庭園の復興をしました。
特に三宝院の再建には贅の限りを尽くしたそうです。
ただ残念ながら完成を見る前に豊臣秀吉はこの世を
去りました


545c29b9.jpg

門をくぐると左側に枝垂桜、中央に、右側に作品展の
が飾られていました。



51842b2d.jpg

菊の種類もたくさんありますね。
入賞した菊です
立て札の紋は菊の中にをあしらった形でした。


f8c0228f.jpg

伽藍の入口です。
立派な屋根ですね。


d762c55a.jpg

いたるところに菊の御紋が施されています。
細かい所の細工まで実に見事です



3c91a96a.jpg

中に入るとすぐに枝垂桜の見事な襖絵が目に
入ります。
春に訪れたら境内の桜が咲き誇っているでしょうね
ここで豊臣秀吉が人生の最後を飾る善美を尽くした
醍醐の花見”を催した事は世に知られています。
復興事業が進むなか、秀吉は1598年に秀頼、北の政所を
はじめ淀君ら側室、女房衆、諸大名ら1300人を伴い
豪華絢爛な観桜の宴を催したそうです。

この花見で植えた桜でしょうか、醍醐寺境内の枝垂桜は
特に大きいそうです



208afd58.jpg

中庭は豊臣秀吉が自ら設計しました。
東西に100m、300人の人夫を総動員したそうです
秀吉の思いを受けて数十年かけて完成しました。
池には丸みを帯びた土橋が掛かり、その下を船が
通れるようになっています




47dabdee.jpg

贅を尽くした造りに、貴族の宮殿を思わせますね。




289d14f2jpeg

石は苔むしていくほど味わいが出てきます。
このは音が変化するように出来ているそうです
さりげなくかつ細かい演出がすばらしいですね



f035394b.jpg

権力の証のように各地から有名なや、珍しい石を
集めました。
中には、古墳に残されていた棺桶の蓋といわれている
ものもあります。
手前から奥に向かって砂石も置かれています。
京都の賀茂川に見立てた枯山水です。
左側の石は流れの速い有様を、
真ん中は川のよどんだ状態を、
右側は川の水が割れて砕け散る様子を表し、
ありとあらゆる石を混ぜ込んだような庭となっています。


f5f06460.jpg

多くの石の中に豊臣秀吉がほれ込んだ石があります。
藤戸石といいます。
源平の頃から戦に勝つ、武運の石と崇められていました
織田信長が笛や太鼓の提灯行列に合わせて城に運ばせた
ほどでした。
いわば天下人の証なのです

豊臣秀吉が戦の褒美にこの石を求めましたが、「まだ早い」と
断られた話もあります。
織田信長亡き後に、この石を天皇に披露して自分自身が
天下人である事を示したかったとも言われています。


2c8c06d2.jpg

豊臣秀吉の寝室がある建物です。
寝室から庭を眺めると、藤戸石が正面に見えます。
寝るときもこの石をみていたいと考えたのでしょう。
しかし、一度も使用する事がありませんでした。
この庭の主人は翌年の花見を迎える事なくこの世を
去ってしまいました。



76ab2c52.jpg

三宝院の正面にある唐門です。
門扉には天皇家の菊の御紋に、豊臣家の桐の
家紋
です。
天皇家をお迎えする証ですね
秀吉はこの花見の翌年に天皇を迎えて花見を
する計画で庭造りを始めたのです。
勅使歓迎の時、内側に扉が開けられると、両脇の
菊紋だけが見えるように造られているそうです

桐の紋は、元々醍醐寺の寺紋です。
天下人となった羽柴秀吉が、公家の最高の地位である
関白」の位を醍醐寺門主の弟から譲り受けた縁で、
家紋を瓢箪から桐の紋に変えたそうです。
関白になった秀吉は、羽柴から豊臣に性を変えて名実ともに
天下を手に入れました


afed90e3.jpg

醍醐寺枝垂桜で有名ですが、広大な敷地の中に色づく
紅葉もなかなか良いです
宝物殿も開いていて当時の華やかな道具が展示して
ありました


今度は桜の頃に訪れたいですね


拍手

PR
≪  45  43  44  42  41  40  39  38  37  36  35  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  45  43  44  42  41  40  39  38  37  36  35  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]