忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
祇園精舎の鐘の声です♪


DSC_1942.JPG

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・」
 
日本では、江戸時代までアンコールワット
仏教の聖地・祇園精舎だと思われていました

時代を超え、国籍や宗教をも問わず、アンコールワット
を訪れる全ての人々が同じ光景を目にし、満ち足りた
表情をしていたことでしょう


「なんと美しいのだろう」

言葉にしなくとも、同じ思いでいることが私にも
伝わってきました

 
 
DSC_1929.JPG
 
そんな人類の宝であるアンコールワットは・・・

実際には、クメール王朝繁栄期に建てられた
ヒンズー教の寺院だったのです

でも、歴史をひも解いてみると・・・
 


DSC_1690.jpg
 
アンコールワットは、建立した国王が死去すると
隣国チャンパの侵略にあってアッという間に陥落
してしまいました
 

 
 DSC_1682.JPG
 
その後、クメール王国を救ったのが
ジャヤヴァルマン7世でした


 
 DSC_1693.jpg
 
チャンパ国の支配下となって4年・・・
 
反転攻勢にでたクメール軍は、トンレサップ湖
下ってチャンパ国へと攻め込んでいきました




DSC_1657.JPG

クメール王国は戦に勝利し、今度はチャンパ国が
属国となりました



DSC_1692.JPG

ジャヤヴァルマン7世の時代に、クメール王朝は
最盛期をむかえます



DSC_1711.jpg

国王は国家安泰のために、大乗仏教に帰依
しました

全ての国民の安寧をもたらす大乗の教えに
国王は共感を持ったのです

そして、宗教都市・アンコールトムを建立
しました



DSC_1738.jpg

その規模は、アンコールワットの数倍の広さでした



DSC_1647.JPG

チャンパ国との戦を教訓にして、四方の門は
高く頑丈な造りとなり




DSC_1635.JPG

周囲を大きな環濠で守りました



DSC_1723.JPG

この宗教都市の特徴は「クメールの微笑み
と呼ばれる大きな観音菩薩です

主要な建物の四面に祀られていて、その数、
大きさに驚いてしまいました



DSC_1623.JPG

国王は、宗教間の争いを避けるために、
ヒンズー教の神々をも祀りました



DSC_1757.jpg

国を整備し、勢力を拡大した国王は凱旋した軍を
象のテラスで迎えたそうです
 
勝利に沸く国民とともに国の安泰を確信したので
しょう




DSC_1669.JPG

ところが、大規模な造営により国力は弱まって
いきました

その不満は国王の信仰した大乗仏教へと
向かいました



DSC_1628.JPG
 
跡をついだ国王は、すぐに大乗仏教を排除し
ヒンズー教の国に戻しました



8b89cb6d.JPG

しかし、一度衰退した国力は簡単には元に
戻りません
 
クメール王国は
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す」かの如く
歴史の舞台から消滅してしまいました

この儚さがアンコール遺跡の荘厳さと重なって、
日本に祇園精舎として伝わったのではないでしょうか

史実より、歴史の夢を見つめたい、アンコール遺跡
でした

拍手

PR
≪  449  448  447  446  445  444  443  442  441  440  439  ≫
HOME
Comment
ひまわりさん♪
儚いものって美しく感じられますよね~!

アンコールトムの観音様はバイヨンの微笑みといわれています

王は「菩薩の慈愛が世界中に及ぶように」と願い菩薩の顔を塔の4面に彫らせたそうですよ~

アンコールワットもトムも王が残した所産は威厳を失うことなく、訪れた人々を圧倒して
くれるんですよね~
チエ URL 2010/08/01(Sun)23:50:37 編集
ゆうさん♪
この観音様の微笑みには
王の心が込められているそうですよ~^^
チエ URL 2010/08/01(Sun)23:47:08 編集
ゆうさん♪
この観音様本当におっきくて@@

しかも間近で見られるのでわぁ~~~~~!!って感じでしたよ^^b
チエ URL 2010/08/01(Sun)23:34:51 編集
滅びの美学
誰もが願う「永遠の命」心は同じなのにね・・・
はかないからこそ、ひたむきに祈り永久の心の平安を願うのでしょうね!

美しいものほど、はかなく散って行きますね!
一日の終りに、いつも思います
誰もがせめて静かに休めますようにと。

この、アンコールワットの佇まいを前に立ったときに感じた思いが解るような気がします
「祇園精舎の鐘の音」
ここに全てが繋がっているような・・・
ひまわり 2010/07/15(Thu)11:48:47 編集
カンボジアの文化に脱帽
信仰の形には色々あるでしょうが
この観音さんは凄いですね。
迫力があります。
アンコールワットよりパワーを感じます。
このパワーで国を繁栄させようと国王は考えたのかな?
でも、やりすぎると反感をかってしまいますね。
ゆう 2010/07/13(Tue)12:50:58 編集
なおさん♪
なんでも当たり前と思わずに、努力をしたり、準備をしたりすることってやっぱ大切ですね^^b

アンコール遺跡群には意外な話があったりして面白いですね~~~

カンボジアシリーズも長くなってしまいましたけど^m^
チエ URL 2010/07/12(Mon)19:55:15 編集
勉強になりました
アンコールワットが祇園精舎とは知りませんでした。さすが、チエちゃんよく調べてあります。勉強になりました。
日本では平家物語の最初の部分繁栄しているものはいつかは滅びる。そういう運命なのだから、繁栄しているからと言っておごると繁栄は長続きしないというような意味で使われますが。
人間の人生も同じですね。いつも謙虚におごること無く自分を見失わずですね。
なお 2010/07/11(Sun)19:02:21 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  449  448  447  446  445  444  443  442  441  440  439  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]