忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
サンタクララの精神です♪

 

 bc1aebdc.jpg

禁教令の時代・・・

長崎の町では、夏になると人々が集まって

盆踊りを装って祈りをささげた場所がありました


 
 
 2487a279.jpg
 
その場所は、サンタ・クララ教会の跡地でした
 


300px-Simone_Martini_047.jpg

サンタ・クララ教会の保護者であった聖女クララは、
今から800年前、イタリアのアッシジで裕福な家庭
に生まれました

当時、中世イタリアで最も崇敬された聖人である
聖フランシスコが布教活動をしていました

従順・清貧・貞潔に生きた聖フランシスコに共感
したクララは信仰生活に入り、女性修道院を設立
しました

そして、聖フランシスコの支えのもと清貧を旨とする
修道会の成長に尽力したそうです
 


c80bbf27.jpg

近年、長崎の小学校校舎の建設現場から
当時を偲ぶ教会跡が出土しました

江戸時代初期に建てられたサント・ドミンゴ教会
です




 f005c94c.jpg
 
当時の瓦には、十字架の紋が描かれていました。
 
出土した品々から、カトリック信仰の町として
栄えた事がうかがえます。



 7a3059c1.jpg
  
そんな信仰の町も禁教令によって一変してしまいます
 
神父は国外へ追放され、教会は取り壊されました
そして、多くの信者が迫害を受けて命を落としました


 
 
 d83fb41b.jpg
 
しかし、いくら弾圧を強めても・・・
心の中にある信仰の炎を消すことはできません


 
 DSC_0990.jpg
 
密かに教義を伝える組織がつくられました


 
 e0a40ac4.jpg
 
如己堂の永井博士の妻の緑は、江戸時代
潜伏クリスチャンの指導者の頭、『帳方』を
代々勤めた家に生まれました。

永井博士は緑の家に下宿した際にキリスト教
触れ、信仰を深め洗礼を受けたそうです
 

 
 0dbf3763.jpg
 
博士は奉仕の精神を身につけ、死ぬまで
人々の支えとなりました
 

 
 801ab601.jpg

それは、サンタクララの精神が今もこの地に息づいて
いる証のように、私には思えました。


※命の限り平和と愛に生きた永井博士はコチラ↓
e-tera.net/Entry/453/

拍手

PR
≪  460  459  458  457  456  455  454  453  452  451  450  ≫
HOME
Comment
ゆうさん♪
まさにその永井博士の奥さんのロザリオが
一番下の写真です!
チエ URL 2010/08/28(Sat)13:25:08 編集
澄んだ心
「長崎の鐘」YouTubeで聞いてみました。
永井博士の話を知って聞いてみると
心に深くしみる歌ですね。
永井博士が原爆投下の後、家に戻ったら
奥さんが黒こげとなっていて、手にはロザリオが握られていたそうです。
きっと天国へ昇られたのでしょう。
奉仕といい、信仰といい、深く厚いものが
あったのですね。
ゆう 2010/08/18(Wed)14:12:30 編集
なおさん♪
宗教は人々を豊かに、平和に暮らすヒントであってもらいたいですね^^

なかなか自分に厳しくできないワタシですが・・・@@

思いやりを持って人に接したいと思います~^^ノ
チエ URL 2010/08/13(Fri)19:40:21 編集
宗教の存在
宗教には弾圧などの暗い歴史がつきまといますよね。宗教家は厳しい修練や戒律で自分を律することで、人に対する優しさを身につけます。自分に厳しくできない人がいくら人に説教しても何の意味を持たない、そんな感じします。
人に厳しくするには自分にはそれ以上に厳しくなければいけないですよね。
最近は宗教もビジネス化してしまい、宗教家の中には金儲け目的の宗教法人もたくさんありますよね。
宗教は本来、自分に向き合い自分を律することで人間としての優しさや人間らしさを見つけるものであると思うのです。
宗教は金儲けの道具では無いですよね。
なお 2010/08/13(Fri)10:34:39 編集
ひまわりさん♪
ひまわりさん こんにちは!
お盆休みは明日からでしょうか^^??

今朝は雨が降ったせいか少し涼しかったです♪

ちょうど今大奥が再放送しています。
家光の時代でまさにキリシタン狩りの最中でした。
平和ボケした日本にもこんな時代があったのだなと思いました・・・
純粋に信念を貫こうとしたいだけなのに
それが許されない・・・

思いやりを持って人に接したいなと改めて思わされたドラマでした。

奉仕の精神!
なかなか皆ができることではないですね><
チエ URL 2010/08/12(Thu)13:45:30 編集
サンタ、クララの精神
人の心は其々の物、自由なはずなのに・・・
「如己堂」はわずか2畳ほどだそうですね
「己の如く人を愛せよ」
「いとし子よ」「この子を残して」お嬢さんの茅乃さん、沢山の原爆死した幼子を思う著書は、多感な時期に読んだものです

サンタ、クララ精神!
迫害や弾圧にも心の信仰は・・・苦しければなお神さまへの思いが足りないからと、深い祈りのなかへといったのでしょうね!

奉仕の精神!
今を安全に過している私達は忘れていそうですね!
とっても崇高な精神ですね
ひまわり 2010/08/12(Thu)00:43:03 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  460  459  458  457  456  455  454  453  452  451  450  ≫
HOME
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]