忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
名古屋東照宮です☆

那古野神社の隣に東照宮があります。
東照宮には徳川家康東照大権現となって祀られています。

1番有名なのは日光東照宮ですね。
織田信長の墓所と同様に、全国のゆかりの地に東照宮があります。

DSC_0076.JPG

東照宮の鳥居を潜ってまっすぐ行くと那古野神社の鳥居
から外に出ます。
元々那古野神社と東照宮は名古屋城内にありました
尾張藩祖・徳川義直父・家康の三回忌の大祭を行った
翌年に城内の那古野神社の隣に東照宮を勧請して社を
建立したそうです。
明治になってから尾張徳川家の旧藩校(明倫堂)跡地である
現在の場所に那古野神社と一緒に移転しました。
現在も織田家に関係する那古野神社と徳川家の東照宮が
並んで祀られているので歴史の流れを感じますね。



DSC_0053.JPG

賽銭箱の紋はです
江戸徳川本家尾張紀州水戸と徳川家は分かれました。
同じ葵の紋を使用していますが、各家々で葵の紋のデザインが
微妙に異なるそうです。

本家の葵の葉は3枚とも表ですが、御三家の紋は1~3枚の
葉がにしてあります。
尾張藩は1枚だけ裏になっています。
江戸本家の次の地位という事ですが、残念ながら尾張藩から
将軍は出ませんでしたね。


DSC_0056.JPG

本殿は戦災で焼失してしまいましたが、戦後尾張徳川家の
菩提寺にあった尾張藩祖の妻・椿姫の霊廟を移築して現在の
社殿としています。
歴史を感じる重厚な造りの建物でした。



DSC_0057.JPG

建物の中は厳かな雰囲気で静かに拝みたくなる感じでした。
徳川家康の命日にここで行われる祭祀が「名古屋祭り」の
ルーツだそうです。
名古屋祭りでは織田信長豊臣秀吉徳川家康の三英傑が
市内を練り歩きます。

江戸時代の当時から神輿山車を中心に7千人にも及ぶ人々が
参加したと伝えられています。
昔から名古屋は賑やかなのが好きな地域だったのでしょうかね



DSC_0063.JPG

東照宮と那古野神社の間に福神社があります。
小さな神社です。


DSC_0062.JPG

敷地が狭いので受け所も無人でシンプルでした。



DSC_0079.JPG

賽銭箱には「福神社」と記されていました。
これを見たら無条件に立ち止まって拝みたくなりますね



DSC_0072.JPG

ここには他にお稲荷さんと金山神社がありました。
熱田神宮みたいに混んでいないので正月のお参りには
穴場かもしれませんね。
帰りに手洗い場の後ろを見たら迫力のある龍の蛇口に驚きました。


DSC_0085.JPG

前から見ると恐ろしい姿ですね
邪気を追い払うにはこのぐらいの姿がちょうどいいのかな・・・


拍手

PR
≪  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  43  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  43  ≫
HOME
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]