忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
宗家の住居・金石の館です♪

 
 
 36fe49c8.JPG
 
対馬の中心地・厳原には宗家の住まい
ありました
 
金石の館と称します
 
対馬には天守閣のそびえるお城は造られ
ませんでした
 

 
 

DSC_0323.jpg
 
宗義智・小西マリア夫妻も住んだ場所です
 
宗義智は、時代の谷間で、変化の渦の中に
居ました
 
豊臣時代には、朝鮮との交渉にあたり
決裂後は一番隊として遠征に参加しました
 
関ヶ原では西軍方についたものの、
朝鮮との関係修復のために許され
対馬の初代藩主となりましたが・・・
 
妻は幕府の命で対馬を追われて
悲しい最期となりましたね
 

 
 

f9af9d8f.JPG
 
宗義智は、李朝朝鮮との関係修復の為に
奔走しました
 
ただ、国を荒らされた李朝朝鮮ですから、
簡単には事が運びません
 
そこで、宗義智は両国の国書を偽造して
お互いに受け入れやすい内容に変えました
 
 
後に事件となりますが
 
「信(よしみ)を通わす」
大義のためには仕方なく・・・
 
結果、幕府のおとがめはありませんでした
 
 


967a9fb1.JPG
 
対馬藩にとっても、朝鮮との友好関係
必要なものでした
 
産業の乏しい島では、貿易が最大の収入源です

 
 
 

4850f53a.JPG
 
特に朝鮮人参の需要はとても多かったそうです
 
徳川吉宗の時代に日本での栽培が成功するまで
対馬藩が独占していました
 
 


3eddf4c9.JPG
 
徳川幕府と李朝朝鮮との懸け橋となった対馬

宗義智は
「政(まつりごと)はすべて島形のようにせよ
といいました。
 

 
 

d99ab8fa.JPG
 
対馬は上下二つの島が南北に細長い形をしています。
 
そのことから、政治も細く長いのが一番という意味
だそうです
 
「変わらずに我慢強く」
いつの時代でも交渉事の基本ですね

 
 
 cf6b7b94.JPG
 
金石の館の跡地に、宗家の菩提寺・萬松院
あります
 
対馬藩の歴史が垣間見えるお寺です。
 
境内に入ってみます

拍手

PR
≪  498  497  496  495  494  493  492  491  490  489  488  ≫
HOME
Comment
外交交渉
お久しぶりでございます。
最近の出来事を見て、本当に外交は難し~て
思いました。
ストレートに主張すると相手も強気に出ますね!
いつの時代にも対馬藩のような仲介役が必要ですね~
徳川家康が西軍の宗家を赦したのもなるほどと思いました。
今の政治家も我慢強く働いてほしいです。
ゆう 2011/01/16(Sun)21:31:29 編集
なおさん♪
政治も島のように細く長くってのがいいでしょう??

今の政府は細く短く@@???????
チエ URL 2010/12/14(Tue)10:08:37 編集
まさに架け橋
この小さな島の小藩を幕府は二度までも許したというのは、いかに朝鮮半島との関係において、宗氏の力が必要だったか、代わるものが無かったかということを表していますね〜。
なお 2010/12/04(Sat)17:58:07 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  498  497  496  495  494  493  492  491  490  489  488  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]