忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい町は・・・
リジューの聖テレーズです♪



DSC_0579.jpg

ノートルダム大聖堂聖テレーズの写真展を
みかけました

聖人とは、その功績を讃えられ、信仰の模範として
選ばれた人ですね





42fe8b5f.jpeg

殉教したり、奇跡を起こしたりする聖人が多い
なか、テレーズの経歴といえば・・・

16歳で修道女になり、結核により24歳で
亡くなる

それだけでした






DSC_0714.jpg

テレーズ聖女に認められたのは自叙伝
「小さき道」
が人々に感銘を与えたからでした


神のみまえに、小さく貧しいままにとどまること
取るに足りない小さな行為でも
愛をこめてできる限りを尽くすなら
自力では得られないすべてを神は与えてくださる

とても分かりやすく書かれています






7be6d028.jpeg

毎日の平凡な出来事を、一つ一つ愛をこめて、
神と人々の救いのために行ってきました





DSC_0679.jpg

子供や弱い人の守護聖人である聖テレーズ
言葉は人々に親しみと勇気を与えたようです






b399312a.jpeg

フランスの守護聖女は、聖母マリア
聖ジャンヌ・ダルク、そして聖テレーズです





DSC_0696.jpg

日本ではあまり知られていませんが、
フランスではとても愛されています


マザーテレサも聖テレーズから名前を
もらったそうです

「愛の賛歌」のエディット・ピアフも、幼少の頃
リジューにある聖テレーズのお墓で祈り、
盲目が治ったという話があります






72187560.jpeg

大きなことは難しいかもしれないけれど、
日々の小さなことに心を込めて向き合おう
そんな気持ちにしてくれました

拍手

PR
≪  679  680  678  677  676  675  674  673  672  671  670  ≫
HOME
Comment
ゆうさん♪
残念な出来事が多すぎるように思いますね。

私も聖テレーズのことを今回知りましたが・・・
ぜひ日本のみなさんにも知ってもらいたい方ですね!
チエ URL 2012/07/28(Sat)10:15:12 編集
ひまわりさん♪
聖テレーズのこと知らなかったんですワタシ><
でもノートルダム大聖堂で写真展があって、それで調べてみて分かりました^^

日々の小さなことを心をこめて・・・というのは、簡単なようで難しいと思います。

まずは心がけから始めてみよーっと^^v
チエ URL 2012/07/28(Sat)10:11:49 編集
みんなができる
知りませんでした。
心を失った人々が大きな罪を犯しています。
些細なことでも心をこめて行うことが
いまの世の中で一番大切なことですね。
大きなことよりも 小さなことをコツコツと
みんなで行えば大きな力になります。

フランスだけでなく日本の守護聖女になっていただきたいですね。
ゆう 2012/07/23(Mon)22:23:06 編集
さもないこと
仏教で病を得て痛みや日々闘病には「修行」に通じると言われました
与えられた命を受け入れ、静かに神と共に歩むこと!
出来そうで出来ないのが現実
聖テレーズのお話
なにか心に残りますね
楚々として生きたテレーズが愛される理由が解ります
休日にとても癒される聖話をありがとう♪
ひまわり 2012/07/21(Sat)12:38:21 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/21 防弹网]
[07/21 勾花网]
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]