忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
相国寺・瑞春院(雁の寺編)です♪


水上勉の小説『雁の寺』の舞台となったお寺として有名です★


DSC_0172.JPG

水上勉は貧しい大工の家に生まれ、口減らしのためにこの
お寺にやってきました
9歳で弟子入りして13歳までの4年間、瑞春院で小僧生活を
しました。
親元を離れて禅寺での生活ですから、相当辛かったでしょう。

朝5時の庭掃除から始まり、廊下の拭き掃除・・・
あまりの辛さに何度も逃げ帰っているのだそうです。


jpn19491101_01.gif

雁は越冬のため、秋に飛来する渡り鳥です。
「秋の日は釣瓶落とし」というように、飛来する頃には、
日の暮れるのが早くなります。
風が冷たい季節となってきますね。
京都は底冷えしますから、薄暗く寒い寺での生活は辛く
寂しかったでしょう。


DSC_0283.JPG

これが小説『雁の寺』を書くきっかけとなったガンの親子の襖絵です。

・・・でも実はこの鳥はガンではなくて「孔雀」です。

水上勉はこれをガンだと思い込んでいたそうです。
厳しい小僧生活の中で、親子の孔雀の絵を見て母親の温もりを
恋しく思う
気持ちと重なり、小説『雁の寺』が出来たのだと思います。

母子の絵を見て寂しくなったのか、何度も逃げ帰ったそうです

242f5f9c.jpeg

昭和57年に小説を映画化する時に何十年かぶりに訪れたそうです。
背を向けて逃げたお寺だからなのか、作家になってから訪れる事は
無かったそうです。


拝観者用に四方の襖が外してありましたが、本来は孔雀の襖絵で
囲まれた仏間だそうです。
くじゃくはよこしまな心を表すそうです
邪悪な心を捨てて拝観しましょう』という意味でしょうか★

水上勉はこの絵をガンだと思い込んでいたから『雁の寺』が
完成しました。
ところが、昭和52年の再訪時に、雁では無く孔雀の親子だった事
隣の上官の間には実際に「雁」の襖絵があった事を知り、
とても驚いたそうです

当時小僧は師匠の部屋への入室が許されなかったのですね。



f15e3896jpeg

京の冬の旅では素敵な庭園を眺め、雁の襖絵を拝見でき、
水上勉が小僧生活をした当時を偲ぶ事ができます。
他にも通常公開していない貴重な場所を拝観する事が
できます♪


水上勉は『雁の寺』に続き『金閣炎上』、『五番町夕霧楼』、
『沙羅の門』と世俗の波に打ち砕かれる出家者や家族を
テーマにした本を出しています


拍手

PR
≪  79  78  77  76  75  74  73  71  70  69  68  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  79  78  77  76  75  74  73  71  70  69  68  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]