忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
名古屋のとあるお寺を守る庵主様のお話です♪

庵主様とは尼僧の事で、お寺めぐりをする中でふとした事から
出会いがありました。


DSC_0087.JPG

京都のお寺には立派なお堂やお庭があります。
趣向を凝らした素晴らしいお庭が沢山あります。

しかし、私はこのお花を見てかわいい!と思いました

自分の好きな花をちょこっと植えたりして季節を楽しむ・・・
それが本来の庭かもしれませんね


6f9e0e52.JPG

『洗心』とは・・・
とらわれ・かたより・こだわりの3つの心の垢を流しましょう
という意味だそうです。

庵主様は「いつも感謝をしなさい」、
一度嘘をつくと信用は取り戻せない。素直な心で生活しなさい
とおっしゃいます。
当たり前の事かもしれませんが、『ありがとう』という言葉が
自然に出る人になりたいと思います。


P2230112.JPG

偶然にも私と同じ名前の庵主様。
水上勉の様に3歳でこのお寺へ来ました。
ただ違うのは口減らしのために来たわけでは無かったという事。

何度もお邪魔していますが多くは語らない庵主様・・・

一緒に写真を撮ろうと言っても
「シワくちゃだからいやだ」といって撮ってくれません。
とっても笑顔が素敵な方なのですよ!!

お寺へ入ったきっかけを聞いたところ、ただ一言
まんじゅうをくれるというから付いて来てしまったのだよ」と。

今でこそ「まんじゅうくらいでお寺に入るなんて信じられない」
という時代ですが、当時は尼僧になる人が多かったようです。

雁の寺』を書いた水上勉は寂しくて何度も寺を抜け出しています。
庵主様に3歳で親と離れて寂しくなかったのかと聞いたら・・・
『親は会いに来なかったね。(親子の縁が)薄情なんだわ』とポツリ。

親は(不本意ながらも)選んだ道を最後まで進んで欲しかった
のではないでしょうか?
だから会いに行けなかったのではないかな・・・

「薄情だ」と言いながらも今年母親の50回忌だからきちんとして
あげたいんだとおっしゃっていました。

お寺に入る道を選び、この道を生きてきた人が今もここにいる。
女性にとって生きていくには少々辛い道でもあるようです。

檀家を持たず、月参りで主たる生計を立てている。
欲は無く、生きていけるだけのお金があれば十分だと。



DSC_0097.JPG

口数の少ない庵主様はたまに見せるやさしい笑顔で私達を癒し、
生きていく上での大切なことを少しずつ教えてくれます。

説法を聞くよりもよっぽど世の中の事がわかるからと勧められた
御詠歌」は仏の教えを分かり易く歌にしたものです。
お経の本は難しいですものね・・・

楽しみが無い修行生活の中で唯一の楽しみだったそうです・・・
今でも庵主様に御詠歌を習いに町の人が集まってきています。



0efa66e2.jpg

昔むかし、石の観音様が辻(交差点)にあり皆が手を合わせて
いました
大正元年に観音様を祀る為にこのお寺を建立し、尼僧が入り
寺を運営していったそうです。

農協のように町の人の憩いの場として使われていたそうです。
しかし、最近は訪れる人が減ってしまったそうです。


DSC_0075.JPG

大師堂には弘法様が祀られています。


0ee3af49.JPG

町のお寺らしく誰もがお参り出来るように壁には数珠が掛けられていました。


8c898264.JPG

しかしこの弘法様は高野山へ背負って持っていくのだそうです。
自分がこの先長くはないので、世話をする人がいなくなっては
申し訳ないからだそうです。

庵主様は満85歳。
後を継ぐ者はいないそうです。
少しずつお寺をたたむ準備をしているようにも思えました。



376932db.JPG

こちらは先代の庵主様。
とってもやさしそうなお顔です。
3歳でこのお寺へ来てからずっと共に生きてきたお師匠様
「この方から色々なことを学んだよ」と・・・。
お師匠様が亡くなって35年間たった一人でお寺を守ってきました。

『次は私の番だね』と・・・

いつまでもここで元気なお顔を見せてくださいねという私の言葉に、

死んでも魂はここに残るさ

庵主様にとってはこの場所が自分のですものね!




















拍手

PR
≪  80  79  78  77  76  75  74  73  71  70  69  ≫
HOME
Comment
>shinサン♪
後を継ぐ人がいないというのはなんとも寂しい話ですよね。
最近は尼僧志願者がほとんどいないそうです。
後継ぎは見つからなかったんですか?と聞くと、「そうだねぇ…」と少し寂しそうな顔がありました。
残ったお寺は町の人に守っていって頂きたいと思います。
庵主様が守ってきた場所ですからね!
chie URL 2008/02/27(Wed)22:25:56 編集
<takaサン♪
一度嘘をつくと信用は取り戻せない…という言葉に一瞬ドキっとしました。
失ってからでは遅いのですね。
親に感謝、友達に感謝、自然に感謝★ですね!!
chie URL 2008/02/27(Wed)22:20:34 編集
>フォレストさん♪
たった3歳で親元を離れ、男社会の中で強く生きてきたようですが、辛い思いもたくさんしたようです。
自分がいじる分の庭があれば十分だ…なんておっしゃっていましたね。
収入もほとんど無い中で日々感謝しながら生きてきたからこそ、なんでしょうね!
私もがんばろうという気持ちにさせてくれる方です(^^)
chie URL 2008/02/27(Wed)22:16:29 編集
>yamatoサン♪
どれだけおいしい店を知っていても、どれだけ着飾っても、そんなものとは違う何かを教えられています。
欲を持たず、生かされている事に感謝をする…そんな人生だそうです。
ひっそりと身の回りを片付け始めた庵主様ですが、いつまでも元気でいてもらいたいと心から思います。
私だけでなく町の色んな方が心の拠り所としていると思いますからね!
chie URL 2008/02/27(Wed)22:07:01 編集
無題
いいお話ですね。
ありがとうって素直にいつでも言えるように俺もなりたいです。
しかし、後を継ぐ人がいないのは、何事も寂しいものではないでしょうか。
Shin 2008/02/27(Wed)20:16:35 編集
感謝
「いつも感謝をしなさい」、
「一度嘘をつくと信用は取り戻せない。素直な心で生活しなさい」
簡単なようで、難しいですよね。
人の業を考えると、生きていること自体で感謝しないといけないのに・・。
taka-9 URL 2008/02/27(Wed)12:45:08 編集
素晴らしい方ですね!
時代が違うとはいえ、そうできる生き方ではないと思います。いかなる伽藍がなくともその方の心中に立派な伽藍が見えるような気がします。
ただ、私が思いましたのは、そういった中で生きてきたからこそ笑顔のステキさや思いやり、感謝、そして、欲なく優しい眼差しで生きていけるようになられたのかと思いました。次元は違いますが私達も、少々の艱難辛苦の中で生きていかないと磨かれませんね!
ステキな記事をありがとう!
フォレスト 2008/02/27(Wed)11:19:21 編集
無題
いい拠り所をお持ちです。
あなたにここがある限り、どんな事があっても乗り越えていきそうですね。
いい出会いを大切にしていって下さい^^
そして、また、私にいい言葉を聞かせてください。
yamato 2008/02/27(Wed)00:40:23 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  80  79  78  77  76  75  74  73  71  70  69  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]