忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
皆様のご無事、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のいい寺は・・・
祥雲寺の障壁画を描いた長谷川等伯についてです★


a0cf0183.jpg

長谷川等伯は能登半島・七尾の出身です。
七尾は、能登畠山氏が拠点した町で、多くの文化人が京・堺から
招かれていました。
当時は、京文化を凌ぐ七尾文化の黄金期だったそうです


c941c45c.jpg

32歳で上洛してから菩提寺の関係で日蓮宗本山・本法寺
寄宿して京都での活動を始めました。
最初は日蓮宗の信徒の支援で仕事を請けていました。



ce997ed0.jpg

本法寺の向かいには、茶道・裏千家の家元今日庵』が
あります。
千家初代・千利休は堺の出身です。
堺の町は日蓮宗の関係が深く、多くの信徒がいました。
長谷川等伯を評価した本法寺の日通上人も堺の出身です。
その関係から、千利休と出会ったのではないでしょうか・・・

千利休は豊臣秀吉の茶の湯の指導者として桃山文化の中心に
いました
そして、長谷川等伯に多大な影響を与えました。


DSC_0588.jpg

当時は、狩野派の絵師が大きな力を持っていました。
その頂点に狩野永徳がいました。

長谷川等伯は狩野派の門下でも働き、狩野派から牧谿(もっけい)
の水墨画まで色々な技法を習得したそうです。
力を得た長谷川等伯は、世の中に自分の名を示すため、
ある行動にでました。


A0Dw5GlJ.jpg

大徳寺三玄院に入り込み襖に絵を描いたのです。

当時の大徳寺の住職は襖に絵を描く事を禁じていました
留守中に勝手に絵を描くという大きな賭けに出たのです。
覚悟の行動でしたが、結果的には評判となり、仕事の依頼が
増えたそうです。


DSC_0690.jpg

ついに大きな仕事が舞い込んできました
祥雲寺の障壁画を描く事になったのです。

依頼の理由は、前年に狩野永徳が亡くなり狩野派が
混乱していた事と、千利休の推薦があったからだそうです。



DSC_0570.jpg

狩野派に対抗できる千載一遇の大チャンスに、長谷川等伯は
息子久蔵とともに狩野派にはない叙情的な自然表現を試み、
見事に仕事を成し遂げました


DSC_0573.jpg

この仕事により長谷川派として大きく飛躍するはずでした。
しかし、そこに悲劇が訪れました。
長谷川等伯の支援者である千利休が切腹し、後継者である
等伯の息子久蔵も急死してしまったのです。

このことが、長谷川等伯にとって大きな転換期となってしまいました。



cd15f2ac.jpg

狩野派は永徳の孫・探幽が跡を継いで、妙心寺の法堂の龍を
描くなど、大いに活躍していきました。



次は悲劇の中から描かれた『松林図』の世界を見てみます





拍手

PR
≪  88  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  88  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  ≫
HOME
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/26 たけし]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
[08/16 ひまわり]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
チエ
性別:
女性
自己紹介:
いい町.netのnetはネットワークのネット!
人と人を、人と地域をつないでいきたい♡
地域に根差したお寺の発掘も
いい町.netで人がつながっていったら嬉しいな!!


最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]